施工実績 ― 安心リフォーム

台風災害復旧「外構リフォーム工事」熊本市南区の家

今回は、台風災害復旧「外構リフォーム工事」の

熊本市南区の家の実例紹介です。

風向きによって、他のお宅がどうもなっていなくても

被害を受けることも当然にあります・・・

火災保険に入られているのであれば、どんな些細な事でも

保険を使わないと勿体無い!!

基本保険は「掛け捨て」になります。

どうぞ、お心当たりの方はご相談ください!!

いつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

台風災害復旧「外構リフォーム工事」の

熊本市南区の家では、先日の台風で車庫の屋根が飛ばされました。

皆さまはもうご存じだと思いますが、このような場合

火災保険の「風水害特約」で、保険金が下ります。

そこで、早速張替作業開始・・・

大体のお宅の車庫の屋根には、このようなゴミが雨樋に溜まっております。

そこで我が社では、必ず掃除を行ってから作業に入るようにしております。

と言いますのも、ほとんどの会社・職人さんはこの掃除を行いません。

ここを掃除するタイミングは、次いつ来るか分からないのに

「見て見ぬふり」をして、屋根板を張り替えます・・・

でも私の自宅だったら絶対掃除してから張り替えると思うので

当然ですが、必ず掃除してから張り替える様にしております。

波板を取り付ける場合も、大き目の穴を前もってあけて置き

波板を貼っていく方が効率が良いのですが、我が社では小さめの穴を

その都度、一枚一枚丁寧に開けて施工するようにしております。

そうしないと、穴が大きくて緩いと波板がバタついて飛びやすくなるので

手間暇はかかりますが、そのように施工するようにしております。

下から見ても・・・

上から見ても、美しい!!

それに風向きも計算して施工するのが大切です・・・

風下(かざしも)を先に張り、風上(かざかみ)を最後に張ります。

波板が少しでも風の抵抗面積を少なくする為の工夫です。

よく飛んでしまっているカーポートの屋根を

そのままにしてあるお宅を見かけます・・・

火災保険使って、リフォームされます事をお勧め致します!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

台風災害復旧「屋根瓦リフォーム工事」熊本市西区の家

今回は、台風災害の復旧工事の「屋根瓦リフォーム工事」の

実例のご紹介です・・・

先日の台風で、大きな被害はなかったものの

目に見えない屋根では、被害を受けていました・・・

屋根の被害は、雨漏れにつながり、白蟻の発生にも繋がりかねない

状況になる場合が多いので、注意が必要です。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

台風災害復旧屋根リフォーム工事の、熊本市西区の家では

先日の台風で屋根の板金部分が飛ばされていました。

そこで、板金の取替工事の依頼をお受けしました。

板金も傷んでいましたが、以前屋根塗装をされた際に

おそらく症状は出ていたと思われます・・・

しかし、ほとんどの塗装やさんは「見て見ぬふり」・・・

同業者として、残念な限りです。

我が社では、どうせ工事されるなら一緒の時期にしないと

工事が二度手間になって勿体無い所は、正直にお客様に伝えます。

後はお客様の判断・・・

しかし、ちゃんと説明してお客様にもご理解頂いて良かった!!

予想は的中!!こんなに腐っていてボロボロでした・・・

そこで、新しい下地補強材に取り替えて施工します・・・

一部、手直し補修をしてある箇所もありましたが

めちゃくちゃな素人がしたような施工・・・

バッチリ施工出来ました・・・

以前は「釘」で施工してあった部分も、シッカリ「ビス(ねじ)」で

固定させて頂きました・・・

シッカリとした施工で、これで台風が来ても大丈夫!!

やっぱり屋根は大事ですね・・・?

雨漏れすると、そこから白蟻が発生したりしますので注意が必要です。

これで雨が降っても大丈夫です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

太陽熱温水器(天日)撤去リフォーム工事「熊本市西区の家」

今回は、使わなくなった太陽熱温水器(天日)の

撤去リフォーム工事の実例紹介です・・・

熊本地震の時や、台風が来るたび落ちはしないか???

と、毎回心配されていたそうです。

それではいつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

太陽熱温水器撤去リフォーム工事の

熊本市西区の家では、使わなくなった太陽熱温水器の

撤去作業を行いました。

熊本地震や、台風の度、落ちてくるのではないか???

と、とても心配されておられたそうです・・・

そこで、今回撤去して屋根から下ろすことにされました。

屋根に上ってみてビックリ!!屋根に黒い跡が・・・???

こんなにずれて落ちそうになっておりました・・・

まずは、水を抜き集熱板から取り外していきます・・・

一枚ずつ、ロープを使い下ろしていきます・・・

そして、梯子を使い下ろしていきます・・・

集熱板3枚を下ろしたら、次はタンク部分を解体していきます。

タンク部分も、撤去し下に下ろします。

最後に集熱板を支えていた、金属のフレームを撤去します。

そして、そのフレームの金属を固定していたワイヤーも撤去して

シッカリとお掃除します・・・

フレームの金属をカットして、トラックに積み込みます。

そして、配管を撤去していきます。

それから、台所に配管していた蛇口も撤去して

お風呂に配管してあった蛇口を、取り替えます・・・

シッカリとパッキンを締め付けて・・・

水漏れが無い様に施工します・・・

太陽熱温水器も、相当な重量があるので屋根瓦にかかる負担も

大きかったと思います。

これからは、台風の時でも案して過ごせることと思います・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

収納リフォーム「熊本市南区の家」・・・

今回は、収納棚リフォーム工事の実例紹介です。

スペースはあっても、収納することが出来ない・・・!?

それは、可動式の棚を取り付ける事で解消できます。

そんな、実例紹介をいつものようにブログ形式でご紹介します。

それではどうぞ・・・

先日、やっと新社屋にも可動式棚が取り付けられました。

ず~っと付けたかったのですが、なかなかタイミングが合わず

伸び伸びにになっておりました・・・

今回は、トイレに棚を付けたかったのです・・・

そして、給湯コーナーの上にも・・・

ここには、結構色々置けると助かります・・・

珈琲や、ティッシュペーパーや、あれこれ・・・

そして、コピー機の上のデットスペースにも・・・

これで、スッキリと片付く事でしょう・・・

何か棚が出来ると嬉しいですね???

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

床の間リフォーム工事「熊本市西区の家」・・・

今回は、床の間リフォーム工事の実例紹介です。

床の間って、意外と勿体無いスペース・・・

特別飾るものも無いし、だからってそのままだ使い道が少ない・・・

と言う事で、収納スペースに使いたい!!

と言うのが今回のご相談でした。

そこで今回提案させて頂いたのは、可動式の棚。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

床の間って、案外使わない場所よね・・・???

と言う事で、収納スペースとして使えないか?

というご相談を受け、提案させて頂きました・・・

以外と、収納として活用すると素晴らしいスペースになる床の間・・・

畳1帖弱ではありますが、立野空間まで使うと結構広い!!

今回は、可動式の造作棚を取り付ける提案となりました。

まずは、下地となるカウンター材をカットしていきます。

そして、シッカリと固定していきます。

まずはビス(ネジ)を固定する場所に穴を掘り・・・

ビス(ネジ)を固定して、ビス(ネジ)頭が見えないように

ダボで、穴をふさいでいきます・・・

そして、鋸で綺麗にカットしていきます・・・

それから、可動棚を受ける金具を固定していきます。

そして、棚をカットして角は怪我しないように面取りしていきます。

この金具を好きなところに付け替えて、棚の高さを調節できます。

で、こんな感じに仕上がりました・・・

これで、沢山収納出来そうです!!

色々な物、スッキリ片付く事でしょう・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

外壁塗装・水回り・内装リフォーム工事「熊本市中央区の家」

今回は、外壁塗装リフォームと、

内部水回りリフォーム工事の実例紹介です。

家全体のリフォーム工事の為、段取り良く進めることが

一番重要で、大切になります。

いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

長文になりますが、最後まで宜しくお願い申し上げます。

施工1日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の熊本市中央区の家では

塗装工事を前に、足場が組み立てられました。

トラック2台で、山積みの足場材・・・

少しずつ組み上げられていきますが、あっと言う間に組みあがりました・・・

さあ、足場の後は高圧洗浄を行います・・・

洗浄の時は、雨でも良いのですが・・・???

施工2日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の「熊本市中央区の家」では

まず、高圧洗浄からスタートです・・・

二階の方から順序良く洗浄していきます。

軒裏天井や、破風板、雨樋・外壁・・・

みるみる綺麗になっていきます。

そして最後は、外構の土間部分の洗い出しやレンガなども

洗浄してくれました・・・

後は、乾燥させてベランダ防水工事から始めます・・・

施工3日目・・・

外壁塗装リフォーム工事「熊本市中央区の家」では

洗浄の乾燥を終え、まずはベランダFRP防水の工事です。

まずは、表面の剥げかかった塗装を研磨していきます。

専用の機械で、シッカリと研磨していきます。

外壁には、地震の影響だと思われるクラック(ひび割れ)

が、結構ありましたがベランダ防水にはあまり影響ない様子・・・

シッカリ研磨しないと、次の防水の接着が悪くなるので

丁寧に、研磨して頂きました・・・

そして、最後はキッチリとお掃除まで丁寧に・・・

さあ、後は天気の回復を待って作業にかかります。

施工4日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の熊本市中央区の家では

ベランダ防水工事が行われております。

前回表面を研磨し、プライマー(接着剤)を塗りウレタン樹脂で

防水を行っていきます。

まずは立ち上がり部分を塗り・・・

次に、床面を防水していきます・・・

表面がピカピカ光っています・・・

シッカリ乾燥させて、最後に仕上げていきます・・・

今回のお宅は、ベランダが広いので施工面積も増えます・・・

後はシッカリ乾燥するのを待ちます・・・

施工5日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の熊本市中央区の家では、

破風板が傷んでいる部分があったため、補強工事を行います。

ケラバ瓦を一旦取り外し、破風板の上からサイディングを貼ります。

そして、サイディングを貼ったらまたケラバ瓦を元に戻します。

これで、塗装も綺麗に仕上がることでしょう・・・

塗装が仕上がるのが楽しみです・・・

施工6・7・8日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の熊本市中央区の家では

外壁の塗装が始まりました・・・

まずは窓周りをビニールで養生して、塗装スタート!!

細かい部分を刷毛で塗り、30cm四方くらいの面積を

縦方向にコロコロ、横方向にコロコロしていきます・・・

こんな感じで、少しずつ少しずつ塗っていきます・・・

そして、外壁の一部が破損していた場所は解体して

外壁の水漏れの原因となっている場所を補修します。

モルタルで補修し、塗装の粒を吹き付けていきます・・・

こんな感じでモルタル補修し・・・

塗装の粒を吹付て・・・

綺麗に肌を合わせていきます・・・

そして、仕上げの塗装を行い・・・

仕上げていきます・・・

ベランダ周りや・・・

玄関周りなども、綺麗に仕上げていきます・・・

足場が解体されるのが楽しみです!!

施工10・11・12・13日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の熊本市中央区の家では

外壁塗装の最終段階です・・・

外壁の塗装が終わり、足場の解体工事が始まりました。

少しずつ雰囲気が変わって参ります・・・

そして、ベランダではサンルームの工事が始まります。

材料が搬入され、少しずつ形になっていきます。

それから、外部で組み立てられていた足場が

室内の、内装工事の為に組み替えられました・・・

さあ次は、内装の工事が始まります・・・

施工14・15・16日目・・・

お風呂リフォーム工事の「熊本市中央区の家」では

システムバスの解体工事が始まりました。

まずは、天井を解体していきます・・・

まずは、半分にカットして解体が始まりました・・・

それから、壁のパネルが解体され運び出され・・・

浴槽も外され、設備関係の配管工事が行われます・・・

文字で書くと、簡単そうですが現場は物凄く大変・・・

さあ、準備して明日のシステムバス取付に備えます。

施工15日目・・・

内装リフォーム工事の「熊本市中央区の家」では

壁紙クロスの張替工事が始まりました。

家具などにビニールを掛け、養生して作業開始・・・

そして、吹き抜けの窓にはカッティングシートを貼っていきます。

台所のクロスの張替は、小物が沢山あり一番の難所・・・

しかし、お客様にとっては一番張り替えたい場所・・・

そして、リビングの吹き抜けも大変な場所・・・

特に夏場は、1階よりも気温が高く汗が零れ落ちます・・・

少しずつではありますが、着実に進めてまいりたいと思います。

施工16日目・・・

サンルームベランダリフォーム工事の「熊本市中央区の家」では

まずは、サンルームサッシ工事が始まりました。

まずはフレームの工事からスタートです・・・

ベランダの屋根がある部分に、サッシで囲いを作っていきます・・・

そして、床面にはリウッドデッキを取り付けます・・・

どちらもサッシで囲われておりますので、日当たり抜群!!

セカンドリビング的な作りとなりました・・・

いつも、作業をしてもらっていて思うのですが

「うらやましい」!!

我が家にも欲しいなあ~・・・

施工17日目・・・

内装リフォーム工事「熊本市中央区の家」では

床のフローリングに変えて、「フロアタイル」に

リフォームされることになりました。

まずは、既存のフローリングに接着剤を塗っていきます。

そして、新しい「フロアタイル」を貼っていきます。

そして、一部雰囲気を変えて壁紙も張り替えます・・・

フローリングや、壁紙がちょっと変わるだけでも

気持ちが明るくなりますよね・・・?

リフォームって、素晴らしい!!

施工18日目・・・

浴室リフォームの熊本市中央区の家では

システムバスに取り付けるはずの「暖房乾燥換気扇」が

半導体不足の中で納品に時間がかかっておりました。

発注してから6か月・・・

やっと、納品され取り付けられました。

まずは専用にお天井パネルに、下地補強材を取り付けていきます。

そして、内部では既存の仮取付していた天井を取り外します。

それから、乾燥機能の付いた換気扇になる為

ランドリーパイプの取付を行います。

暖房乾燥換気扇が取り付けられた天井を運び込みます。

慎重に、慎重に・・・

そして、天井に組み付けていきます・・・

取付は寸法通りに組み立てていきますので、ぴしゃりです!!

パネルの防水コーキングを行い・・・

換気扇のダクトパイプを接続します・・・

最後に電気屋さんとバトンタッチ・・・

分電盤から配線を繋ぎ込み完了!!

これで快適に使っていただけることと思います。

長らくお待たせ致しまして、申し訳御座いませんでした・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

浴室乾燥暖房換気扇取替リフォーム「熊本市中央区の家」

今回は、以前工事をさせて頂きましたお宅で

コロナの影響で半導体不足になり

部品が入ってこず工事が遅れていたお宅での工事です。

部品が入ってこないことを理由に、工事を延期していたのですが

あまりにも長すぎる時間が経過したので、強行で工事に着手しました。

その間、換気扇が使えない状況ではありましたが

やっと乾燥・暖房・換気扇を取り付けることが出来ました。

浴室リフォーム工事の実例紹介です。

いつものようにブログ形式でご紹介させていただきます。

それではどうぞ・・・

浴室リフォームの熊本市中央区の家では

システムバスに取り付けるはずの「暖房乾燥換気扇」が

半導体不足の中で納品に時間がかかっておりました。

発注してから6か月・・・

やっと、納品され取り付けられました。

まずは専用にお天井パネルに、下地補強材を取り付けていきます。

そして、内部では既存の仮取付していた天井を取り外します。

それから、乾燥機能の付いた換気扇になる為

ランドリーパイプの取付を行います。

暖房乾燥換気扇が取り付けられた天井を運び込みます。

慎重に、慎重に・・・

そして、天井に組み付けていきます・・・

取付は寸法通りに組み立てていきますので、ぴしゃりです!!

パネルの防水コーキングを行い・・・

換気扇のダクトパイプを接続します・・・

最後に電気屋さんとバトンタッチ・・・

分電盤から配線を繋ぎ込み完了!!

これで快適に使っていただけることと思います。

長らくお待たせ致しまして、申し訳御座いませんでした・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

店舗・事務所の新築工事の実例紹介。熊本市南区の家・・・

今回は、事務所の新築工事の実例紹介です。

それも、我が社の新社屋の新築工事の紹介です。

色々な細かい寸法の施工や、デザインなど

ご自宅や、事務所、店舗などの施工時に

参考にして頂けましたら幸いです。

土地を見つけるところから、完成まで

かなり長文になりますが、途中経過も隠すことなく

全てをお見せいたします・・・

どうぞ参考にして頂けましたら幸いです。

それではどうぞ・・・

土地探しの段階からのスタート・・・

ちょっと、見つけちゃったかもです!?

結構目立つ場所で、丁度いいサイズ・・・

アクアドームの近くで・・・

住宅などは建てれないような、辺鄙な土地・・・

後は金額次第ですが、何かワクワクします!!

歩道も広く、二重に道路が存在するこの場所・・・

さあ、どうなることやら・・・!?

土地の価格交渉から、境界明示の依頼、土地家屋調査士さんの

測量に加え、プラン(事務所間取り)がちゃんと作れるか?

プランニングなど、何度も考え直し、独自に敷地を測量して

準備に入って、約1週間で「買付証明」を提出しました。

それから、不動産業者さんとの打ち合わせ、売主様との交渉・・・

2021年10月18日から交渉に入り、契約が出来たのは

2022年4月26日・・・実に、約6ヶ月余り時間が掛かりました・・・

そして、土地の決済が1か月後の2022年5月27日。

こちらも1ヶ月掛かり、やっと決済することが出来ました。

決済(最終金を支払う事)と同時に、所有権移転登記を

司法書士の先生に依頼して行います。

それで、やっと土地を触ることができるのです・・・

先日ご紹介した「ちょっと辺鄙な土地」!!

物凄い荒れ地状態でした・・・

そこで、まずは草刈りから開始・・・

物凄い!!物凄すぎる!!

切れども切れども終わりません・・・

草だけでなく、樹木も植わっておりました・・・

一日目は、草刈りだけで精一杯・・・

しかし、夜な夜な軽トラック一杯の雑草を搬出しました。

さあ、次はどうなるか・・・???

なかなか雑草の処分も大変・・・

仕事の合間を見て、雑草との格闘・・・

今回は2日目の作業です。

樹木が植わっていたのをチェーンソーでカット!!

先日は、お隣の駐車場に車が止まっていたので遠慮しましたが

今回は、お休みで駐車場に車が止まっていなかったので、カット出来ました!!

そして、残り半分の雑草も搬出・・・

こんなにきれいになりました!!

手間はかかりますが、達成感に満ち溢れております・・・

なんせ、これがこうなりますから感動です!!

さあ、次はどうなるのでしょう・・・???

先日の、草刈りした現場の状況・・・

草刈りをして綺麗になったので、のぼりを立ててみました。

こうしてみると、なかなかの立地・・・

不動産業にも力を入れ始めることになった我が社・・・

どんな反響があるのか?楽しみです!!

昨日、我が社の新社屋の地鎮祭を行いました。

10年前に開業したときの、夢・・・

10年後には・・・

①リフォーム・新築業に加え不動産業を開業する。

②自社社屋を建てる。

という目標を立てて、頑張って参りました・・・

と言う事で、やっと土地が決済が終わり

草ボーボーだった土地を・・・

新社屋の土地の草刈りを終え・・・

のぼり旗を立て・・・

地縄を張り巡らし・・・

車を駐車してみて、雰囲気を感じたりして・・・

昨日、地鎮祭を行っていただきました・・・

二礼・二拍手・一礼・・・

そして、鍬入れの儀・・・

榊をお供えさせて頂き、工事の安全を祈願しました・・・

相方さんも・・・

そして、将来の二代目も・・・

完成が待ち遠しい・・・

シッカリと、いいものが出来上がる様に

頑張って参ります・・・

新社屋の着工を前に、電気屋さんが仮設電柱を建てに来てくれました。

まずは穴掘り・・・

敷地ギリギリの建物が建つ為、仮設電柱もギリギリの位置・・・

そして、仮設トイレも設置されました・・・

後は、九電さんの電線の引き込みを待つだけ・・・

さあ、色々と忙しくなっていきます・・・

いよいよ、新社屋の工事が始まりました。

まずは、基準となる「遣り方」を出します・・・

基準を出して、建物の基礎位置を確認していきます。

そして、木の根っこがあった部分を掘っていただき撤去しました。

こんなにありました・・・

さあ、いよいよ始まりますよ!!

新社屋の基礎工事が始まりました。

先日出した遣り方の寸法にそって、床掘していきます。

少しずつ、周りから掘っていきます。

基礎の立ち上がり部分は、重力が掛かるので深めに掘ります。

そして、ダンプに廃土を積み込んでいきます。

それにしても、正確にユンボをさばいていきます。

少しずつ形が見えてきました・・・

これから砕石を敷き込み、転圧して地盤を固めていきます。

新社屋の基礎工事2日目・・・

先日、床掘を行い砕石を敷き込み転圧を終え

次は、防蟻工事の「土壌処理」です・・・

土壌に白蟻予防の薬剤を散布して頂きました・・・

白蟻が多い地区だとは聞いておりませんが、念のため・・・

シッカリと、薬剤散布して頂いております・・・

全体的に、万遍無く散布完了!!

次は、防湿フィルムを貼りベース型枠の捨てコンを打っていきます。

新社屋の基礎工事3日目・・・

砕石敷き込みが終わり転圧して、白蟻予防の土壌処理を終え

防湿フィルムを敷き込み、ベース型枠の捨てコンを流し込みました。

これで、雨が降っても大丈夫!!

それにしても、雨に降られずついてます・・・

明日は、設備の配管工事を行う予定です。

雨が酷く降りませんように・・・

新社屋基礎工事4日目・・・

土間コンクリートの型枠工事を行いました。

クレーン付きの車から「鋼製型枠」が下ろされます。

そして、型枠を手際よく並べていきます・・・

先日流し込んだ型枠の捨てコンに、地墨を引いて並べていきます。

細かい寸法のところも、手際よく進行していきます。

さあ、次はいよいよ設備配管工事になります・・・

新社屋の工事5日目・・・

基礎の鉄筋が運び込まれました・・・

そして、設備の配管工事が行われました・・・

通常の住宅の新築工事と違い、床下が無い為

土間コンクリートの中に、給水管を配管していきます・・・

そして次は、配水管を配管していきます。

接続部分にはシッカリと接着剤を付け、配管していきます。

土間が一発仕上げになる為、寸法を細かく計算して配管します。

緻密な作業です・・・

そして最後には、キッチリと防湿シートも元通りに復旧します。

これで、設備の先行配管終了・・・

次は、鉄筋の配筋作業となります。

新社屋基礎工事6日目・・・

先日運び込まれた鉄筋を組み上げていきます。

工場で溶接して組まれてきたものを、適材適所に配置し結束していきます。

物凄い手際の良さ・・・

あっと言う間に組みあがっていきます・・・

鉄筋の端部は、補強結束していくのは手作業・・・

シッカリと、配筋されていきます。

端っこは、また別の鉄筋で補強していきます。

立ち上がりの基礎鉄筋も、完了・・・

ちょっと入り組んだ部分も、丁寧な作業です・・・

これで、鉄筋の配筋結束作業は終了・・・

後は天候を待って、土間のベースコンクリートを打ちます。

一発仕上げなので、ちょっと緊張しますが楽しみです!!

新社屋の基礎工事・・・

土間のコンクリートが流し込まれていきます・・・

アルファ―ロメオさんのご厚意で、駐車場にクレーンを設置させて頂き

生コンをクレーンで吊り上げて

生コンを流し込んでいきます・・・

そして、バイブレーターで振動させながら生コンの空洞化を防ぎます。

事務所なので床の土間コンクリートが仕上がりなので

左官さんに仕上げて頂きながらの作業です・・・

天候にも恵まれ、作業は進みます・・・

というか、あまりにも天気が良すぎて乾きが早い・・・!?

あっと言う間に乾燥していきます。

どんどん乾いて、左官さんの仕上げが間に合わないほどの乾燥具合。

お昼過ぎには、乾燥がマックスに!!

しかし、流石左官さん・・・

バッチリ仕上げてくださいました・・・

さあ次は、立ち上がりの基礎の生コン打ちです!!

気合いを入れて頑張ります!!

新社屋基礎工事8日目・・・

昨日に引き続き、今回は立ち上がり基礎の生コン打ちです。

まずは、立ち上がり基礎の地墨打ちからスタートです。

地墨打ちとは、土間コンクリートの上に測量して線を引く事です。

直角を測り、寸法通りに線を引いていきます。

そして、立ち上がりの型枠の金具を並べていきます。

この金具が基準となります。

そして、型枠がトラックから下ろされます・・・

そして、本格的に立ち上がり基礎の型枠が組まれていきます。

正確に、少しずつ組み上げられていきます。

素晴らしい技術です・・・

そして、生コン車が到着・・・

またまたアルファ―ロメオさんのご厚意でクレーン車を止めさせていただき

クレーン車で生コンを吊り上げて、立ち上がりの型枠に流し込みます。

そしてコンクリートに空洞が出来ないように、バイブレーターで振動させます。

加藤神社様から頂いた鎮物と、井戸のお払いの石もコンクリートの中に埋め込みます。

そして、あっと言う間に立ち上がり基礎は流し込まれ終了・・・

アンカーボルトを加工して曲げて頂き、埋め込んでいきます。

天気も良く、作業も順調に進みました・・・

後は、コンクリートがシッカリ乾燥してくれて

型枠がバッチリはずれれば、基礎工事完了です・・・

どうか、天候に恵まれますように・・・

新社屋の基礎工事が終了しました。

先日、立ち上がりの生コンを流し込んだ型枠を取り外しました。

こうなると、建物らしくなります・・・

実際、形は見えてきて机などの配置もイメージできます。

決して大きな事務所ではありませんが、身の丈に合ったサイズにしたかった。

もしかすると、せまっ!?て、言われるかも知れません。

まあ、今までのところが広すぎたから・・・

私にとってはこれで十分・・・

目立つ場所で、存在感があればそれで良し!!

さあ、次は材木が運ばれてきます!!

新社屋の材木が搬入されました。

足場が組み立てられる前に、基礎の内部に搬入します。

ユニック車という、クレーンのアールが付いたトラック・・・

リモコンで操作して、材木を搬入します。

上手いものです!!流石プロ!!

次は、土台を下ろします・・・

小さな建物ですので、そんなに量はありません・・・

棟上げ当日に、残り半分ほどが搬入されます・・・

さあ、次は大工さんが土台を敷き込みに来てくれます・・・

楽しみです!!

大工さんが、土台を敷き込みに来てくれました。

まずは基準となるラインを基礎に印をつけていきます。

それに合わせて、土台にアンカーボルトの穴を開けていきます。

そして、基礎パッキンを敷き込みます。

この上に土台が乗せられていきます。

こんな感じに、乗せられていきます・・・

そして、基礎と土台をボルトで固定していきます。

こんな感じで、固定されていきます・・・

そして、念のため土台を雨養生していきます。

雨が酷く降らないことを願います・・・

しかし、一応は雨養生をしておきたいもの・・・

次は、足場を組み立てて頂きます・・・

新社屋の足場組立が行われました。

まずは、足場の部材の間配りからスタートです・・・

少しずつ、使うべき場所へ置いていきます。

そして、少しずつ組み立てていきます。

基準となる地点から二手に分かれて、組み立てていきます。

少しずつ形が見えてきました・・・

こんなに大きくなるのか???

基礎だけ見ているときは、そんなに大きくは感じなかったのですが

足場が組みあがると、ちょっと実感がわきます・・・

後は、天候が気になりますが

安全第一で施工できるように、段取りします・・・

完成が楽しみです!!

新社屋の工事・・・

一旦、台風の影響で延期となった新社屋の棟上げ。

日を改めて、やっと上棟出来ました。

まずは、柱を立てていきます・・・

そして、横架材をクレーンで吊り上げて頂き・・・

組み立てていきます・・・

少しずつ形になっていく新社屋・・・

前日は、大雨だったので土間コンクリートに水が溜まっております。

しかし、徐々に晴れてきてくれました・・・

小さな事務所ですが、ちょっと複雑な形なので・・・

それなりに、時間と体力を必要とします。

屋根の材料まで2階にクレーンで上げて頂き、ここでお昼休憩・・・

ほっともっとさんで、特注弁当をお願いしました・・・

物凄いボリュームで、やっと食べました・・・

いや、ちょっと残したな???

そして、屋根の形も見えてきました・・・

お昼には、最高の天気に!?

いや、暑すぎるくらいの天気・・・

そして、お昼から屋根の下地材を取り付け完了!!

今度は、屋根板金屋さんとバトンタッチ・・・

防水フェルトを貼って頂きました・・・

こうしてみると、結構な面積・・・

そして、最後は「ホワイトハウス」になります・・・

雨などに濡れないように、シートで覆いかぶせます・・・

立ち上がると、雰囲気が出ます・・・

さあ、次は屋根板金工事が始まります・・・

新社屋のサッシ枠搬入・・・

事務所の面積が小さい割には、まあまあのサッシの数・・・

慎重に運んでくれました・・・

ガラスが入ってないので、雰囲気が伝わりにくいと思いますが・・・

まあまあ、いい感じです・・・

さあ、取り付けられるのが楽しみです!!

新社屋の板金屋根工事・・・

まずは、クレーンで屋根の板金を吊り上げて搬入します・・・

最長9m近くの材料も、1本物で来ます。

電線などの障害物も、キッチリ交わして搬入されます。

こんな感じに、屋根上に搬入されました。

そして、手際よく板金屋根が葺かれていきます。

両端は、専用の機械でかしめていきます・・・

綺麗に、葺かれました・・・

面積は小さいけど、ちょっと複雑な形で大変だっただろうと思います。

水下の、雨樋が取り付けられる部分も、キッチリと施工して頂きました。

さあ、次は大工さんの工事の番です・・・

楽しみで仕方ありません!!

新社屋の板金屋根工事の、ちょっとしたこと!?

この、縦ハゼの部分に取り付ける「小口キャップ」・・・

ちょっとした所ですが、これが大事・・・

どこが違うか、分かりますか・・・???

分かる人は分かる・・・

新社屋の大工さんの工事が始まりました。

まずは、間柱や筋交いを取り付けていきます・・・

そして、構造用の補強金物を取り付けていきます。

横架材同士をつなげる「平プレート」・・・

火打ち金物のボルト締めに、釘固定・・・

横架材と柱を連結補強する金物・・・

柱の引き抜き防止のホールダウン金物・・・

筋交いプレート金物・・・

沢山の種類があります!!

建物が頑丈になって参りました!!

そして、窓枠の下地を加工して頂きました・・・

少しずつ、形になっていきます・・・

大きな窓に・・・

細かい、換気用の窓まで・・・

さあ、次はサッシ枠まで取り付けて参ります・・・

新社屋大工工事3日目・・・

昨日に引き続き、窓枠の下地工事を行います。

サッシ枠が取り付けられるための下地作り・・・

そして、サッシ枠を取り付けていきます。

今回は住宅ではなく「事務所」なので消防法などに関係します。

そこで、緊急侵入口の設置や排煙のための窓を設けます。

そしてもちろん換気のための窓も設けます・・・

形が見えてきました・・・

完成が楽しみでたまりません・・・

新社屋の工事報告・・・

断熱材を、「アクアフォーム」」という発泡ウレタン製のものにします。

そこで、屋根裏の「垂木間」の通気が出来る様にシートを貼ります。

屋根全体に、断熱材を吹付にて行いますので、全部にシートを貼ります。

屋根裏収納になる部分にも、シートを貼ります。

さあ、準備はOKです!!

断熱材の吹付も楽しみです・・・

新社屋では、外壁サイディング張りの前準備が始まりました。

まずは、土台水切り板金を加工し取り付けていきます。

これが基準となる、レベル(高さ)を決めて行きます。

そして、外壁の下の透湿防水シートを貼っていきます。

シートを水下(みずしも)から、上へと張っていきます。

窓周りには、防水テープを貼っていき止水に注意します。

細かい作業ですが、これが肝心かなめ・・・

少しずつ、外壁の形が見えてきました・・・

そして、シートの上から「通気胴縁」を取り付けていきます。

看板が取り付けられるところや、雨樋が取り付けられるところは

下地補強を、行っていきます・・・

外壁サイディングが貼られるのが楽しみです!!

新社屋の現場では、上水道の本管引き込み工事が行われました。

まずは、道路を専用の機械でカットしていきます。

水道の本管は、結構深い位置にあります・・・

こんな感じで掘り始めました・・・

初めに、アスファルト部分を堀り始めて・・・

少しずつ深く掘っていきます・・・

少しずつ、少しずつ・・・

信号機の電源ケーブルや、上下水道管など沢山配管があります。

他の配線や配管を傷つけないように、慎重に作業します。

次は下水道の引き込みです・・・

完成が楽しみ!!

新社屋の工事では、内部の窓枠取付や下地工事が行われました。

そして、吹付断熱工事の為のシート張りが行われました。

この白いシートに、発泡ウレタン系の断熱材を吹き付けます。

断熱材は吹き付けられると、こんな感じ・・・

外周周りを、発泡ウレタン系の断熱材を覆いかぶせます・・・

こうすることで、綿状の断熱材(グラスウールやロックウール)に比べ

何倍もの断熱効果を発揮します・・・

屋根裏収納部分も、これで夏の暑さが変わることと思います。

さあ、次は内部のプラスターボード下地を施工して頂きます。

新社屋の外壁サイディング張り工事・・・

まずは、スターターと呼ばれる金具を取り付けていきます。

そして、いよいよ外壁サイディングを貼っていきます。

まずはカットして・・・

カットくずを残さないように、掃除をしていきます、

そして、順序良く金物を使い貼り始めていきます・・・

少しずつ、形になって参りました・・・

早く足場を外してみてみたい!!

新社屋の外壁サイディング工事が順調です。

少しずつ、イメージに近付いてきました。

全体的に、サイディングが貼りメぐされるとイメージがわきます。

東側から見ると、こんな感じ・・・

北側はこんな感じ・・・

さあ、次はコーキング工事です・・・

外壁サイディングのジョイント部分(繋ぎ目)に

コーキングというゴム系の樹脂を流し込む作業が始まりました。

まずは、マスキングテープで養生からスタートです・・・

細かく地味な作業ですが、これが一番大事な作業です。

3人1組で、構成されているコーキング屋さん・・・

まずはマスキングテープを貼っていく担当に・・・

バックアップ材を入れ、プライマーという接着剤を塗っていく担当・・・

そして、コーキングを充填していく担当・・・

そしてそのコーキングを撫でて仕上げていく担当・・・

それから、仕上がった部分のマスキングテープを剥ぎ取っていく担当・・・

色々と分業して、作業を進めていきます。

あっと言う間に、作業終了・・・

やはり、職人技は違います!!

新社屋のサイン(看板)取付作業が行われました。

暑くなる前にと、朝4時からスタンバイ・・・

明るくなるのを待って、作業が始まりました・・・

実はこのサイン(看板)は、生前兄貴が段取りしてくれた最後の仕事・・・

どうしても、大事にしなければならないサイン(看板)・・・

暑くなる前の、午前中には完了しました。

ステンレス製の、カッコイイサイン(看板)・・・

物凄く気に入っております・・・

そして、夜はLED仕込みで文字裏が光ります・・・

ありがとう兄貴!!大事に使わせて頂きます!!

いよいよ新社屋の足場解体が始まりました。

足場があるうちに、雨樋を取り付けて頂き・・・

足場解体の段取りが始まりました・・・

少しずつ、解体されていきます・・・

やっぱり足場が解体されると、気持ちがいい!!

さあ、これから外の作業も始まります・・・

気合いを入れて、スムーズに進められるように頑張ります!!

新社屋の新築工事では、内部の大工さんの工事が進行中です。

外部の足場も解体され、気持ちよく作業出来ます!!

まずは、天井の下地を組んでいきます。

照明の下地も考えながらの作業・・・

少しずつ下地が組みあがって参りました・・・

そして、天井のプラスターボードを貼っていきます。

さあ、天井の形が見えてくるとぐっと室内らしくなります。

良い感じです・・・

少しずつ確実に進んでまいります・・・

さあ次は、壁の下地作りです!!

新社屋の壁下地組が始まりました。

実は、新社屋では床板がありません・・・」

そして、一部サイディングを貼り外壁との統一を図っております。

そして、最近の流行で玄関に手洗いが取り付けられます。

この場所に、こんな手洗いが・・・

ネットで買った格安の手洗い器・・・

むしゃんよーなるごつ、施工します。

新社屋の大工さんの工事。

仕事柄、どうしてもお客様宅を優先して工事を行う為

自分のところの工事は、後回し・・・

そして、大工さんもそんな事情を知っておられ「盆休み返上」で

作業をして頂きました・・・

毎日暑い・・・

そんな中、一生懸命に丁寧に作業して下さる大工さんに頭が下がります。

色々と細かい部分も考えてくれ、作業してくれております。

さあ、後ひと踏ん張り・・・

最後まで精一杯頑張ります!!

新社屋の小屋裏収納部分の工事。

狭いながらも、荷物は少しおけそうな広さ・・・

屋根勾配がある為、一番高い部分でも140cmが決まり事。

勿論狭い部分は、100cm以下しかありません・・・

なので、普通の断熱材では屋根裏部分を使うのは厳しい・・・

そこで、高性能の「発泡ウレタン系の断熱材」にしました。

お陰で、日中でも風を抜けばそうでも無い・・・

やっぱり断熱材って大事ですね・・・?

新社屋の内装工事が始まりました・・・

まずはいつものように、クロスのパテ処理からスタートです・・・

下地の石膏ボードの継ぎ目やビス(ねじ)頭部分もパテ処理します。

通常の住宅よりも天井高が高いので、ちょっと作業がしづらいですが

作りは単純なので、作業性はアップします・・・

全体的に、パテ処理が終わると雰囲気が出ます・・・

さあ次は、いよいよクロスを貼り始めます・・・

完成が楽しみです!!

新社屋の内装工事が順調です!!

通常の家に比べ、天井が高いためちょっと足場が足りませんが

ちょっと長い脚立で、頑張ってもらっています。

事務所なので、作りはシンプル・・・

徐々に、形が分かりやすくなりました・・・

良い感じになって参りました・・・

完成が待ち遠しい・・・

次は、土間コンクリートの塗装です!!

完成が楽しみでたまりません・・・

新社屋の土間コンクリートの塗装工事開始!!

今回は、クリアー塗装に黒を混ぜて頂きました・・・

少しずつ、ローラーのムラを付けていきます・・・

あえて、重ねて塗りフローリングのような感じにしていきます。

少しずつ、少しずつ塗っていきます・・・

そうすると、こんな感じになります・・・

ローラーのムラが、あえてつけていくのがお判りでしょうか・・・???

なかなか、いい感じに仕上がりました・・・

塗装屋さん、ありがとうございます!!

新社屋の工事報告が続きます・・・

土間と壁の見切りに「ソフト巾木」という

ゴム系の素材の物を取り付けていきます。

これが取り付けられると、ビシッと締まります・・・

まずは、接着剤を塗り・・・

接着剤が乾燥してから、ソフト巾木を貼っていきます・・・

簡単そうに見えますが、結構大変な作業・・・

細かい部分まで、綺麗に貼ってもらいました・・・

こんな感じで、完璧です!!

まあ、家具を配置するとほぼ見えませんが・・・???

新社屋に、照明器具を取り付けました!!

やっぱり照明器具が取り付けられると雰囲気が出ます。

少しずつですが、事務所らしくなってきました・・・

昼間より、ちょっと薄暗くなってきた方が雰囲気が出ます・・・

まあ、家具を入れるとまた雰囲気がアップすると思います・・・

トイレや、手洗いは既に雰囲気完璧!!

もう一息です!!頑張って配置します!!

長年お世話になった城山下代のテナントの看板を取り外しました。

結構色あせていて、毎回見るたびに取り替えようと思っていたのですが

新社屋が出来てから・・・

そう自分に言い聞かせてきました・・・

やっと取り外すことが出来ました。

8年間ありがとうございました!!

新しい社屋では、色あせないタイプの看板に作り変えました。

完成が楽しみ!!

本日2022年9月1日(木)に事務所を移転させて頂きました。

長年お世話になってきました、テナントを出て

会社設立の時に決めて、目標として頑張ってきた

「自社新社屋」を建築し、この度移転の運びとなりました。

場所は、熊本市南区八分字町44-2・・・

熊本新港線のアクアドームの道路の北側で

アルファ―ロメオ(車屋さん)の西隣の

交差点の角地です!!

やっと家具が入り・・・

荷物も入りました・・・

結構前から準備を進めてきたのですが

やはり優先すべきはお客様のお宅・・・

で、やっとギリギリセーフで引っ越し出来ました・・・

荷物が入ると、それなりに狭い・・・

しかし、狭い空間が好きな私好み!!

お近くにお出かけの際は、お立ち寄りください・・・

美味しいコーヒーサービス致します!!

今後とも、リリーフホームと

新事業の「不動産部門」の不動産情報熊本も

宜しくお願い申し上げます!!

新社屋の駐車場に、砕石を敷き込みました。

2t車に2台分・・・

周りの敷地にも敷き込んでいきます・・・

約30㎡の敷き込み面積なので、10cmの厚みで入れたとして

約3㎥となり、2t車1台で約1.5㎥なので×2台=3㎥です。

なかなかの重労働・・・

しかし、達成感は半端ありません・・・

これでまた、美味しいビールが飲めそうです!!

先日、長年お世話になったテナントの看板を取り外しました。

結構色あせていて、早く張り替えたいと思っていたのですが

新社屋が出来るまで・・・と自分に言い聞かせて参りました。

そして、内装の床も復元して頂きました・・・

傷ついた部分のPタイルを剥ぎ取り・・・

接着剤を塗り・・・

Pタイルを貼っていきます・・・

そのままのほうがカッコイイんですが、基準は復元・・・

ちょっと今では、流行らないのですが仕方ありません・・・

あっと言う間に、貼り終えて頂きました・・・

まあ最初は、こんな感じでした・・・

また新しい企業さんが、ここで発展されますことを願います・・・

8年間、お世話になりありがとうございました!!

先日、新社屋の窓ガラスに看板のカッティングシートを

貼って頂きました・・・

建物には看板がありますが・・・

窓ガラスにはホームページアドレスや、

電話番号も入れた方が分かりやすいだろう・・・

と言う事で、看板が見えない面のガラスに貼って頂きました。

施工して頂いたのは、私が初めて就職したときの直属の上司の

豊永さん・・・

以前は、店舗関係の内装工事の現場監督でした・・・

その経験を活かし、現在は職人さん・・・

そして、玄関にもわかりやすい様に貼って頂きました!!

最高の出来で、大満足!!

良い感じに仕上がりました!!

お近くにお越しの際は、お立ち寄りください・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

キッチン・洗面化粧台プチリフォーム工事「熊本市西区の家」

「キッチン・洗面化粧台プチリフォーム」工事の実例紹介です。

水栓金具だけ取り替えるだけで、キッチンや洗面化粧台が

変わったような気がします。

そんなお手軽プチリフォーム工事。

いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

水回りリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

キッチンのシャワー水栓金具の取替が行われました。

まずは、古い水栓金具を取り外していきます。

というのも、水栓金具から水漏れが発生しており

床下に水漏れがし始めておりました・・・

そこで、水栓金具ごと新しく取り替えることになりました。

新しく取り替えられた水栓金具は、前回同様シャワーノズルが伸びるタイプ

そして、シッカリと取り付けられていきます。

そして、もう1箇所は洗面化粧台の水栓金具・・・

こちらも、床に寝そべって作業して頂きます。

電化製品同様、水栓金具も10~15年が器具の寿命・・・

ちょっとした水漏れから、大変なことになる前に

一度チェックして見られますことをお勧めいたします。

不安に思われましたら、お気軽にご相談ください!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

「プチキッチンリフォーム」!!お金を掛けずとも使い易く変身!!

今回は、キッチンリフォームの実例紹介です。

と言っても、大掛かりのリフォームではなく

部分的に使い易くする為の「プチリフォーム」!!

そんなに金額を掛けずとも、リフレッシュ出来ます。

というリフォームの紹介です。

それでは、どうぞ・・・

キッチンリフォーム熊本市南区の家では

キッチンの水栓金具から水漏れでお悩みでした・・・

ずっと、ポタポタと水滴が落ちてくるとやっぱり気になる・・・

そこで、パッキンの交換で対応できるか?

調査しましたが、器具が古くて対応出来てもそう長く使えないと判断。

そこで、水栓金具ごと交換することに提案させて頂きました。

そして、取替工事・・・

新しい水栓金具に、取替しました。

今度は、シャワー切り替えが出来る水栓金具に取り替えました。

水漏れもなし・・・

快適にお使いいただけることと思います・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

玄関ドア取替リフォーム「熊本市西区の家」の施工4日間・・・

今回は、玄関ドア取替リフォームの実例紹介です。

熊本地震後に、玄関引き戸の建付けも少し悪くなったこともあり

取り替えをお考えでした・・・

同じような引違のタイプの玄関ドアに取り替えるリフォームもありますが

開きのタイプに取り替えられるリフォームもあります。

今回は、その開きドアにするタイプのリフォームです。

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それでは最後まで、ごゆっくりとご覧ください。

施工1日目・・・

玄関ドア取替リフォームの熊本市西区の家では

既存の玄関引き戸が取り外され・・・

解体されていきます。

ドアが外され、欄間部分のガラスが外され

框部分のアルミがカットされていきます・・・

そして、アルミの枠が外されました。

室内側から見ると、こんな感じ・・・

さあ、新しい玄関ドア枠が取り付けられていきます。

イメージ的にはこんな感じ・・・

少しずつ、下地を補強しながら組み上がっていきます。

夕方には「戸締り」で出来なければいけませんので

最後はちょっと遅くなってしまいましたが、戸締り出来るまで完了。

さあ、次は内部のクロス工事へとバトンタッチです。

玄関ドア取替リフォーム2日目。

昨日、大工さんが内装工事まで終えて頂いたので

内装工事へと進行していきます。

まずは、下地処理のパテ打ちからスタートです。

そして、クロスを貼り始めます・・・

ちょっとの面積なので、あっと言う間に完成!!

室内は、出来上がりました。

次は、外壁サイディングの工事です・・・

玄関ドア取替リフォーム工事「熊本市西区の家」施工3日目・・・

まずは、サイディングの下地を補強していきます。

専用の機械で、高さなどを測量しながら基準を決めて行きます。

そして、基準となるサイディングを貼り・・・

少しずつ、下から上へと張り上げていきます。

そして、サイディングをカットしては貼っていく・・・

という作業を繰り返します・・・

そして、柱型も「丸柱」から「角柱」へと変身!!

施工最終日の4日目・・・

最後に、サイディングのジョイント(繋ぎ目)部分に

コーキングを施工していきます。

そうすると、完成!!

良い感じに仕上がりました!!

これで玄関ドア取替リフォーム完成!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

和室から洋室へ「子供部屋リフォーム」熊本市西区の家の4日間・・・

今回は、和室から洋室へとリフォームする実例紹介です。

お子様の成長に合わせて、自分の部屋が欲しくなる年ごろになって

リフォーム工事を決断なさいました・・・

大規模な間取り変更ではなく、形を生かしたままのリフォーム。

参考になられますお宅が多いのではないでしょうか・・・?

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それでは、最後までお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

施工1日目・・・

和室から洋室へ子供部屋リフォーム工事の

熊本市西区の家では、まずは解体工事からスタートです。

畳を取り外してみると・・・???

床のレベル(高さ)が、ずれていて下地からの工事となります。

専用の機械でレベル(高さ)を測量しながら

床のレベル(高さ)を調整しながらの作業・・・

シッカリ補強も行いながら、施工していきます。

リフォーム工事では、よくあることですが慣れてないと出来ない仕事・・・

床の下地補強の後は、壁の下地補強です・・・

和室だった「じゅらく壁」に、ベニヤを貼っていきます。

ザラザラ・ポロポロと砂壁がはげてこないように

接着剤を付け、専用の釘で固定していきます。

施工1日目は、これで終了・・・

2日目は、壁を仕上げて天井にもクロスの下地を

補強しながら作って頂きます・・・

施工2日目・・・

和室から洋室へ「子供部屋リフォーム工事」の

熊本市西区の家では、施工2日目・・・

壁の下地補強に続き、天井にもクロスが貼れるように

ベニヤを貼って、下地補強を行っていきます・・・

この時も、接着剤を付け下地補強しながら施工していきます。

そして、天井が終われば床のフローリングを貼っていきます。

こちらも繊細な仕事です・・・

少しずつフローリングが貼られていきます・・・

今回は、チェリー色のフローリングを選択されました。

これで、第一期の大工さんの工事は終了・・・

次は、塗装やさん・内装クロス屋さんへとバトンタッチ!!

仕上がっていく姿が、楽しみでなりません・・・

施工3日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

大工さんの工事が終わり、塗装屋さんとバトンタッチ・・・

和室の柱などを、洋風に見える様に「白く」塗装していきます。

エイジング加工しているわけではなく、木が塗装を吸い込み

色ムラがある様に見えています・・・

これを、2度3度と塗装を塗り重ねて綺麗に仕上げていきます。

根気のいる作業です・・・

すると、こんなに綺麗に仕上がります・・・

さあ、次は内装クロス屋さんとバトンタッチです。

施工4日目・・・

子供部屋リフォーム工事「熊本市西区の家」では

塗装やさんから、内装クロス屋さんへとバトンタッチ。

まずは、壁や天井の凹凸を無くす為の下地処理からスタート。

パテ処理と言いますが、これが大事な工程です・・・

子の下地処理が、仕上がりを左右します。

そして、パテが乾いてきたらクロスを貼り始めます・・・

天井から貼り始め、上から下へと貼り進められます。

そして、こんな感じ・・・

綺麗に貼りあがりました・・・

そして、床の養生を剥ぎ取りクリーニングします。

良い感じになりました・・・

綺麗に仕上がりました・・・

さて、お嬢さんに喜んで頂ければよいのですが・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

給湯器(電気温水器)取替リフォーム工事「熊本市南区の家」

今回は、給湯機(電気温水器)の取替リフォームの実例紹介です。

ガスや灯油の給湯器に加え、電気温水器やエコキュートと言った

電気を使った給湯器も増えてまいりました。

しかし、ご存じの通りコロナの影響で「半導体」の海外生産が間に合わず

商品が入ってこないという状態が、長く続きました。

我が社では、エコキュートなどの給湯器はストックを持っており

他社さんより少し早く、安く提供出来ております。

今回は、電気温水器の故障で取り換えの提案となりました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、宜しくお願い申し上げます。

電気温水器取替リフォーム工事の「熊本市南区の家」では

電気温水器が、取り付けて15年経過しており故障したとの事・・・

早速、調査に伺うと・・・???

電気温水器の下から水漏れしておりました・・・

シャワーからのお湯は出るのですが、自動湯はりの機能が故障しているとの事。

現在、困ったことにコロナの影響でロックダウンしてる地区があり

半導体不足が、建設業界の大問題となっております・・・

そこで、色々な協力業者様からご協力を頂きやっと入荷しました。

早速、既存の電気温水器のタンクの中のお湯を抜きます・・・

正面カバーを取り外すとこんな感じ・・・

電源を落とし、撤去作業開始・・・

タンクの中のお湯は約400L以上・・・

なかなか簡単には抜けてくれません・・・

全部お湯が抜けたら、撤去し新しい「エコキュート」専用の

アンカーボルトを取り付けて、エコキュート本体を乗せます。

それから、設備給湯給水配管工事を行いながら

電気の配線工事も同時に行っていきます・・・

シッカリと接続を行っていただきます・・・

そして最後はまた、設備工事で接続して試運転を行います。

昼間の電力で、ちょっと高いですが「沸き足し運転」で

その日の夜にはお湯が使えるようにできます・・・

運よく、早めにエコキュートを入荷して下さった建材屋さんと

工事を急ピッチで行ってくれた電気屋さんと設備屋さんに感謝です。

ありがとうございました・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

小屋屋根の葺き替えリフォーム工事「熊本市西区の家」

今回は、小屋屋根の葺き替えリフォーム工事の実例紹介です。

実は、他社で施工されてまだ1年弱・・・

施工不良の為、雨漏りして「白蟻」まで発生しておりました。

当時の施工者さんは、「プロではなく素人」・・・

とても信用できないと言う事で、依頼を受け施工させて頂きました。

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

小屋屋根葺き替えリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

まずは、スレート瓦の屋根を解体撤去していきます。

新しいスレート瓦ですが、施工が悪く雨漏れして

「白蟻」が発生するほどの、素人施工・・・

材料も、ホームセンターで買ってきたような「二流品」・・・

他社の施工ですので、あまり多くは語れませんが、最悪な施工でした・・・

白蟻が発生し、原因を探していると小屋の屋根に問題があることが分かりました。

そこで、全部撤去しやり直すことになりました。

屋根の下地から、補強を行います・・・

以前は、白蟻の被害も全くなかったのですが

雨漏れは怖いですね・・・?いくら小屋と言っても、

施工はちゃんと行わないと大変なことになります。

シッカリと補強を行い、施工していきます。

そして、屋根の下地材を貼っていきます・・・

小屋と言えども、ちゃんとした家・・・

新築住宅と同じような施工で、シッカリ行います。

そして、防水シートを貼っていただきました・・・

夕方には、防水シートを貼り終え一安心・・・

さあ次は、板金屋根を葺いていきますよ!!

次回も、お楽しみに!!

施工2日目・・・

小屋屋根葺き替えリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

先日に続き、屋根葺き替えリフォーム工事で板金屋根で

葺き替えをします。

元々波板のスレート屋根で作られていたため、勾配が緩く

普通の瓦や、コロニアル瓦などでは施工が出来ないため

水上から水下まで1枚の材料で施工できる「板金屋根」で施工します。

片方の板金屋根をビス(ねじ)で固定して

もう片方は、かしめてはめ込んでいくスタイル・・・

そして最後に、雨樋を取り付けたら完成!!

板金屋根の先端にも、専用キャップを取り付けて頂きました!!

バッチリ完成です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

白蟻被害の原因は、素人施工の屋根工事が原因だった「熊本市西区の家」

今回は、小屋の屋根の施工が悪く「白蟻の発生原因」

となってしまったお宅で、白蟻被害の原因を調査しているときに

ご相談を受け、施工することになりました。

実は、2021年の夏ごろ「過去最大級の台風が来る」との

報道がなされ、慌てて近所の方が施工して下さったようなのですが

なんせそこは素人の施工・・・

まさか、白蟻が発生するほどの施工だとは思われず

仕方なく、再度施工しなおす依頼をお受けいたしました・・・

それでは、まず解体作業からスタートです。

いつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

小屋屋根葺き替えリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

まずは、スレート瓦の屋根を解体撤去していきます。

新しいスレート瓦ですが、施工が悪く雨漏れして

「白蟻」が発生するほどの、素人施工・・・

材料も、ホームセンターで買ってきたような「二流品」・・・

他社の施工ですので、あまり多くは語れませんが、最悪な施工でした・・・

白蟻が発生し、原因を探していると小屋の屋根に問題があることが分かりました。

そこで、全部撤去しやり直すことになりました。

屋根の下地から、補強を行います・・・

以前は、白蟻の被害も全くなかったのですが

雨漏れは怖いですね・・・?いくら小屋と言っても、

施工はちゃんと行わないと大変なことになります。

シッカリと補強を行い、施工していきます。

そして、屋根の下地材を貼っていきます・・・

小屋と言えども、ちゃんとした家・・・

新築住宅と同じような施工で、シッカリ行います。

そして、防水シートを貼っていただきました・・・

夕方には、防水シートを貼り終え一安心・・・

さあ次は、板金屋根を葺いていきますよ!!

次回も、お楽しみに!!

施工2日目・・・

小屋屋根葺き替えリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

先日に続き、屋根葺き替えリフォーム工事で板金屋根で

葺き替えをします。

元々波板のスレート屋根で作られていたため、勾配が緩く

普通の瓦や、コロニアル瓦などでは施工が出来ないため

水上から水下まで1枚の材料で施工できる「板金屋根」で施工します。

片方の板金屋根をビス(ねじ)で固定して

もう片方は、かしめてはめ込んでいくスタイル・・・

そして最後に、雨樋を取り付けたら完成!!

板金屋根の先端にも、専用キャップを取り付けて頂きました!!

バッチリ完成です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

軒裏天井張替・外壁塗装リフォーム工事「菊陽町の家」完成!!

今回は、軒裏天井張り替えリフォームと、

外壁塗装リフォーム工事の実例紹介です。

実は、以前からお世話になっているお宅で

前回は、地震の際屋根瓦の葺き替え工事でお世話になりました。

その時までは、そうでもなかったのですが

軒裏天井が、その時代の流行で「化粧ベニヤ」で

仕上げられていたお宅でした・・・

築35~40年のお宅は、その時代ほとんどが

こんな感じの仕上げが多かったのです。

しかし、年月とともに劣化が始まり

軒裏天井が剥がれて行ってしまいます。

そこで、今回は耐水性のある素材で張り替えることになりました。

そして、その時までは計画が無かったのですが

折角足場を組み立てるのであれば、地震で入った

外壁のクラック(ひび割れ)も一緒に直しておきたい!!

との追加工事がオーダーされることになりました。

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム工事の菊陽町の家では

工事を前に、足場の組立が行われました・・・

まずは、足場を組み立てる箇所に間配りしていきます。

そして、少しずつ組み立てていきます。

この日は、途中雨が降り出しましたが

少しずつ順調に組みあがっていきます・・・

増築されている部分にも、シッカリ足場を組み立てていきます。

さあ、天候を見て大工さんの工事が始まります!!

施工2日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム工事の「菊池郡菊陽町の家」では

軒裏天井がベニヤで施工されていて、劣化し剥がれてきていました。

そこで、一旦は動物などが侵入しないように仮に固定しなおします。

そして、このままではまた劣化し剥がれてくるのは時間の問題と言う事で

耐水性のある素材に張り替えることになりました。

そこで、一旦足場を組み立てていきます・・・

それから、シッカリと安全な作業が出来る様にしていきます。

そして、こんな風にベニヤが劣化して剥がれている所を張り替えていきます。

まずは、下地の補強からスタート・・・

そして、屋根裏(小屋裏)換気が出来る様に、通気口を作る為

所々、通気出来る軒裏換気部分のベニヤを開口していきます。

次は、軒裏天井を耐水性のある素材で貼っていく作業です・・・

次回をお楽しみに!!

施工3日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム「菊池郡菊陽町の家」では

大工さんの下地補強工事が行われました。

元々のベニヤの軒裏天井と、今回の耐水性のあるボードのサイズが違う為

下地を補強しながらの作業となります。

そして、耐水性のあるボードをカットして張っていきます。

この穴の開いた「軒裏換気」する為に取り付けられるボードを

「有孔ボード」と言います。

これを、水下の部分の軒裏天井に2~3枚に1枚張っていきます。

建物が大きいため、軒裏天井も結構な量があります・・・

寸法に合わせて切っては貼り、切っては貼りを続けます・・・

さあ、次は仕上げの作業です!!

施工4日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム「菊池郡菊陽町の家」では

軒裏天井張替の仕上げ工事です・・・

新しい軒裏天井と、既設の破風板や壁際に「見切り」の

細かい部材を取り付けて仕上げていきます。

これで、際際の部分もしっかり固定されながら

ちょっとしたところですが、綺麗に仕上がります・・・

これで大工さんの工事は完了です!!

次は、塗装工事にバトンタッチ・・・

さあ、天気との勝負となります。

施工5日目・・・

軒裏天井張り替えリフォームの「菊池郡菊陽町の家」では

大工工事が終わり、塗装工事の準備となりました。

まずは、高圧洗浄機で全体的に洗浄していきます。

壁や、庇などの汚れを洗い流していきます。

破風板部分も、綺麗に洗い流していきます。

ベランダの床部分も、窓ガラスや網戸も綺麗に洗い流します。

そして、雨樋なども洗い流していきます。

2階から1階へと上から下に順序良く洗い流して、最後は土間部分も洗浄します。

さあ、後は乾燥させていよいよ塗装工事の準備に取り掛かります。

また次回を、お楽しみに!!

施工6日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の「菊陽町の家」では

養生作業が始まりました・・・

窓周りや、庇の板金や・・・

帯部分など、第一工程で塗らない部分にビニールで養生していきます。

そして、外壁に入った「ヒビ割れ(クラック)」を

一つ一つ丁寧にサンダーで少し大きめにカットしていきます。

この大きめにカットして、外壁のひび割れに「埋めもの」をして

シッカリと補修していきます・・・

さて、次はどんな作業が待っているのでしょうか???

施工7~10日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の「菊池郡菊陽町の家」では

外壁のクラック部分を大きめにカットした後

割れの補修材を塗り込んでいきます・・・

まずは、コテで割れに充填していきます・・・

そして、ゴムベラで伸ばしていきます。

そして、他のところの外壁と高さを合わせる為

水を付けた刷毛で、高さをぼかしながら調整します・・・

この作業が一番大事な作業工程です・・・

これを、乾燥させながら3回行います。

そして、もう一人の職人さんは軒裏天井の下塗りを行っていきます。

この作業を、黙々とこなしていきます。

なんせ広く大きなお宅の為、時間と根性が必要となります。

さあ、シッカリと作業して頂きます。

施工11~13日目・・・

外壁塗装リフォーム工事「菊陽町の家」では

外壁の下地調整が行われました・・・

外壁補修をした後に、下地の粒を吹き付けていきます。

そして、細かい部分は刷毛で塗装を塗っていき・・・

大きい面は、ローラーで色付けしていきます・・・

これを繰り返し、繰り返し・・・

根気のいる、地道な作業です。

さあ、足場を外すのが楽しみです!!

施工14日目・・・

いよいよ、外壁塗装リフォーム工事「菊陽町の家」の

足場解体が行われました・・・

足場解体に先駆け、ベランダテラス屋根の復旧工事を行います。

熊本は、西風の影響を受けやすい地域ですので

東側から貼り始めて、西側を最後に固定します・・・

やっと、足場が解体されスッキリしました・・・

外壁の色は、以前の色と同じ色・・・

以前、外壁の色を選ばれたお母様のお気に入りの色だそうで

その後、亡くなられてしまったので、お父様が

「お盆や、お正月に先祖の皆さんが迷わず帰って来られるように」と

言う事で、同じ色に塗り替えられました・・・

天候の不具合とはいえ時間が掛かってしまい、申し訳なかったのですが

最後に喜んで頂き、私たちも光栄に思います。

ありがとうございました・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

軒裏天井張替・外壁塗装リフォーム工事「菊池郡菊陽町の家」

施工例ギャラリー

今回は、軒裏天井張り替えリフォーム工事の実例紹介です。

経年劣化のより、軒裏のベニヤが剥がれてきて

動物の被害などが心配になって来られ、張替を行う提案となりました。

と同時に、折角足場まで組み立てる為外壁の塗装も一緒に行う事に・・・

どうせなら効率よくリフォームを行い、また別で同じような足場を

組むのは勿体無い・・・

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

ちょっと長文になりますが、最後まで宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム工事の「菊池郡菊陽町の家」では

軒裏天井がベニヤで施工されていて、劣化し剥がれてきていました。

そこで、一旦は動物などが侵入しないように仮に固定しなおします。

そして、このままではまた劣化し剥がれてくるのは時間の問題と言う事で

耐水性のある素材に張り替えることになりました。

そこで、一旦足場を組み立てていきます・・・

それから、シッカリと安全な作業が出来る様にしていきます。

そして、こんな風にベニヤが劣化して剥がれている所を張り替えていきます。

まずは、下地の補強からスタート・・・

そして、屋根裏(小屋裏)換気が出来る様に、通気口を作る為

所々、通気出来る軒裏換気部分のベニヤを開口していきます。

次は、軒裏天井を耐水性のある素材で貼っていく作業です・・・

施工2・3日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム「菊池郡菊陽町の家」では

大工さんの下地補強工事が行われました。

元々のベニヤの軒裏天井と、今回の耐水性のあるボードのサイズが違う為

下地を補強しながらの作業となります。

そして、耐水性のあるボードをカットして張っていきます。

この穴の開いた「軒裏換気」する為に取り付けられるボードを

「有孔ボード」と言います。

これを、水下の部分の軒裏天井に2~3枚に1枚張っていきます。

建物が大きいため、軒裏天井も結構な量があります・・・

寸法に合わせて切っては貼り、切っては貼りを続けます・・・

さあ、次は仕上げの作業です!!

施工4日目・・・

軒裏天井張り替えリフォーム「菊池郡菊陽町の家」では

軒裏天井張替の仕上げ工事です・・・

新しい軒裏天井と、既設の破風板や壁際に「見切り」の

細かい部材を取り付けて仕上げていきます。

これで、際際の部分もしっかり固定されながら

ちょっとしたところですが、綺麗に仕上がります・・・

これで大工さんの工事は完了です!!

次は、塗装工事にバトンタッチ・・・

さあ、天気との勝負となります。

施工5日目・・・

軒裏天井張り替えリフォームの「菊池郡菊陽町の家」では

大工工事が終わり、塗装工事の準備となりました。

まずは、高圧洗浄機で全体的に洗浄していきます。

壁や、庇などの汚れを洗い流していきます。

破風板部分も、綺麗に洗い流していきます。

ベランダの床部分も、窓ガラスや網戸も綺麗に洗い流します。

そして、雨樋なども洗い流していきます。

2階から1階へと上から下に順序良く洗い流して、最後は土間部分も洗浄します。

さあ、後は乾燥させていよいよ塗装工事の準備に取り掛かります。

また次回を、お楽しみに!!

施工6日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の「菊陽町の家」では

養生作業が始まりました・・・

窓周りや、庇の板金や・・・

帯部分など、第一工程で塗らない部分にビニールで養生していきます。

そして、外壁に入った「ヒビ割れ(クラック)」を

一つ一つ丁寧にサンダーで少し大きめにカットしていきます。

この大きめにカットして、外壁のひび割れに「埋めもの」をして

シッカリと補修していきます・・・

さて、次はどんな作業が待っているのでしょうか???

施工7・8・9日目・・・

外壁塗装リフォーム工事の「菊池郡菊陽町の家」では

外壁のクラック部分を大きめにカットした後

割れの補修材を塗り込んでいきます・・・

まずは、コテで割れに充填していきます・・・

そして、ゴムベラで伸ばしていきます。

そして、他のところの外壁と高さを合わせる為

水を付けた刷毛で、高さをぼかしながら調整します・・・

この作業が一番大事な作業工程です・・・

これを、乾燥させながら3回行います。

そして、もう一人の職人さんは軒裏天井の下塗りを行っていきます。

この作業を、黙々とこなしていきます。

なんせ広く大きなお宅の為、時間と根性が必要となります。

さあ、シッカリと作業して頂きます。

施工10日目・・・

外壁塗装リフォーム工事「菊陽町の家」では

外壁の下地調整が行われました・・・

外壁補修をした後に、下地の粒を吹き付けていきます。

そして、細かい部分は刷毛で塗装を塗っていき・・・

大きい面は、ローラーで色付けしていきます・・・

これを繰り返し、繰り返し・・・

根気のいる、地道な作業です。

さあ、足場を外すのが楽しみです!!

施工11日目・・・

いよいよ、外壁塗装リフォーム工事「菊陽町の家」の

足場解体が行われました・・・

足場解体に先駆け、ベランダテラス屋根の復旧工事を行います。

熊本は、西風の影響を受けやすい地域ですので

東側から貼り始めて、西側を最後に固定します・・・

やっと、足場が解体されスッキリしました・・・

外壁の色は、以前の色と同じ色・・・

以前、外壁の色を選ばれたお母様のお気に入りの色だそうで

その後、亡くなられてしまったので、お父様が

「お盆や、お正月に先祖の皆さんが迷わず帰って来られるように」と

言う事で、同じ色に塗り替えられました・・・

天候の不具合とはいえ時間が掛かってしまい、申し訳なかったのですが

最後に喜んで頂き、私たちも光栄に思います。

ありがとうございました・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

エアコン取り替えリフォーム工事「熊本市西区の家」

今回は、エアコン取り替えリフォーム工事の実例紹介です。

電化製品は10~15年で寿命を迎えます。

使えなくなってから段取りしても、なかなかすぐに工事が出来なくて

困られる方も多いようです・・・

15年を経過したエアコンは、電気代も効率が悪くなっており

早めの取替をお勧めいたします。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

この夏は、厳しい暑さとなる模様。

そんな話から、エアコンの取替作業の依頼が多くなってきております。

現在、コロナウィルスの影響で海外製造会社がロックダウンが続き

半導体の部品が入ってこない状況・・・

早めのご依頼をお勧めいたします。

まずは、古いエアコンを取り外していきます。

このお宅では、エアコンを取り付けて15年・・・

昨年から、ちょっと調子が悪くなっていたそうで早めに注文いただきました。

室外機も、全て取り外していきます。

そして、新しいエアコンの取付・・・

大きさも、前回同様の容量で取り換えられました。

エアコンは、室内機と室外機・・・

それに両方を繋ぐ配管が必要になりますが

その配管内の空気を抜く作業が、大事な作業・・・

室外機は、前回の物よりかなりコンパクトになりました・・・

最後に試運転をして完了!!

これで快適な梅雨、猛暑の夏を乗り越えられるでしょう・・・

エアコン取り替えをお考えの方は、お早めに!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

床下換気扇は、特別な場合だけお薦めするものです。熊本市西区の家

今回は、床下換気扇の取付リフォーム工事の実例紹介です。

通常は、床下換気口や基礎パッキンなどの換気口で

換気を行うのですが、建物が大きく換気ができにくいお宅や

建物の周りに植栽や、塀などの影響で換気ができにくいお宅の場合

この床下換気扇をお勧めいたします。

言うならば、特別な場合だけお薦めするものであり

普段はあまりお勧めするものではありません・・・

では、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

これ、何だかわかりますか???

そして、こんなものも・・・???

実はこれ、床下換気扇の機械です・・・

白蟻の被害が出始めるこの時期、予防工事はしたけど

最近、室内の湿気が気になる・・・???

と、ご相談が増えてまいりました。

床下をチェックしてみると、確かに湿気が多い・・・

それに、押入などにカビが発生している箇所が多い。

それは、「床下の湿気」が原因の場合があります。

大きいおうちや、家の周りを植栽はブロック塀などで

囲われた状態の場合、床下の換気ができにくくなってる場合があります。

そんな時に活躍してくれるのが「床下換気扇」や

床下の空気の流れを良くしてくれる「かくはん機」です。

湿気やカビでお困りのお宅は、ご相談ください・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

目隠しフェンス取付リフォーム工事の「合志市の家」

今回は、目隠しフェンス取付リフォームの実例紹介です。

お庭の植栽だけでは、目隠しの高さに足らず

どうにかしたい!!と、お悩みでした。

そこで、植栽から上の方だけをアルミ製の目隠しパネルを取り付け

プライバシーを守れるような提案をさせて頂きました。

高さがあるため、アルミ製の大きな柱を使い、補強も

一緒に行うように施工させて頂きました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

施工1日目・・・

目隠しフェンス取付リフォーム工事の「合志市の家」では

補強するアルミ柱のカットからスタートです!!

こんなに大きく、長いアルミ柱で補強を行っていきます。

早速測量した長さにカットしていきます。

そして、高さを測る機械を使い一本一本測量していきます。

垂直水平も図りながらの作業・・・

まず基準となる両端の柱を立て固定して、中の柱部分をまた測量していきます。

そして、柱を固めるコンクリートを流し込むための穴を掘っていきます。

作業一日目は、この柱を立てる作業を行います・・・

こんな感じで、垂直に高さを合わせて柱を立てていきます。

そして、コンクリートの固まるのを待って次回はバットレス補強を行い

目隠しフェンスのパネルを組み立てていきます。

完成が楽しみです!!

施工2日目・・・

目隠しフェンス取付リフォーム工事の「合志市の家」」では

柱補強のバットレス補強を行います。

バットレス補強とは、控えを取って本柱を支える補強工事です。

シッカリと補強していきます・・・

この補強を行う柱を、斜めにカットしていくのですが

この角度を合わせるのも難しい作業ですが・・・

カットするのも至難の業・・・

カットした後は、ヤスリで微妙な調整を行います。

そして、補強柱の加工取付・・・

一方、もう一人は柱部分にコンクリートを流し込みます。

息の合った連携作業・・・

そして、コンクリートを流し込み終わると・・・

目隠しフェンスのパネルを組み立てていきます。

いい感じになって参りました・・・

柱の補強部分も、コンクリートバッチリ!!

そして、最後にシッカリとお掃除・・・

そして、完成しました!!

いい感じになりました!!

将来的に、下の方にも目隠しパネルが追加できるように考え

バットレスの高さを少し低めに設定しました。

これで、台風でも大丈夫です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。強引な営業、しつこい営業は一切行いません。