施工実績

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

熊本市東区八反田 屋根補修リフォーム

P1120648
リフォーム場所 屋根瓦雨漏れ補修工事
軒樋取替工事
リフォーム費用 屋根瓦雨漏れ補修工事
¥630300円
軒樋取替工事
¥274080円
諸経費
¥44192円
消費税(5%)
¥47428円
総合計 ¥996000円
工期 屋根瓦雨漏れ補修工事 5日間
軒樋取替工事 1日間
合計 6日間
築年数 昭和53年建築 (築35年)

施工例ギャラリー

P1120653

天気予報を信じて何とか始まりました!

まずは、土砂降りの中・・・

仮設トイレが運ばれて来て、設置されました・・・。

雨に濡れながら、ありがとうございます!

それから、天気予報では午後から回復に向かうとの事で

屋根瓦の「修理工事」に着手しました・・・。

まずは、問題の原因を探します!

一旦、部分的に瓦を取り外して・・・

下地板も撤去してしまいます・・・

予想していた通りの状態・・・

重さに耐えきれずにいた部材は、あまりにも小さい・・・

そこで、補強工事をして屋根板も補強し

防水シートも、シッカリと補強します・・・

それからまた、瓦をかぶせていきます・・・

この「ナンバン漆喰」が、一番大事!!

コレがキッチリとしてなければ、また同じ事。

補強工事で、不足する板部分にも、塗装をして工事します。

時間と技術を必要とする仕事・・・

この一週間が、雨との勝負です!!

明日も、しっかりと頑張ります!!

屋根の補修工事が2日目となりました。

一日目で、やり方のコツと順序を習得したので

2日目は、物凄い勢いで進んで行きます・・・。

同じ様な場所が全部で9か所・・・

長い年月で、耐えきれずに少しだけ疲れて来た場所・・・

でも、大丈夫!!

バッチリと、補強し直します!!

道路際で、飛散防止・落下防止も怠りません・・・

さあ、今日は1階部分の仕上げ工事・・・

段取り良く頑張ります!!

でも、日中の瓦の上は暑すぎました・・・

一体何℃ぐらいあるのだろうか・・・?

ところで、3日目となった昨日。

工事は順調に進んでいます。

この瓦と瓦の間に詰め込んで行くのがコレ・・・

防水性に富んだ「なんばん」です!

ミキサーに、砂とセメントと、水を入れて・・・

「なんばん」を入れて、混ぜ合あせていきます・・・。

すると、瓦同士の隙間も、接着もバッチリと施工出来ます・・・。

昨日で1階部分は完了・・・

天気が良ければ、2階部分は残り2日間で

終了する予定です・・・。

でも、少し雲行が怪しい様子・・・

何とか、残り2日間持ってくれれば助かるのですが・・・?

天気の神様、宜しくお願い致します!

最終日は、軒樋を取替えて終了です!

参考にして頂けましたら、幸いです・・・

宇土市花園台町 テラス屋根工事!

P1120087
リフォーム場所 テラス屋根(サイクルポート)取付
リフォーム費用 テラス屋根(サイクルポート)取付 ¥88300円
同上施工取付費用          ¥42800円
土間コンクリート打設         ¥42600円
樹木生垣撤去処分費用        ¥5000円
諸経費                  ¥15029円
消費税(5%)               ¥9686円
総合計                 ¥203415円
工期 樹木生垣撤去処分 0.5日間
テラス屋根取付工事 1日間
土間コンクリート打設 1日間
合計   3日間

施工例ギャラリー

P1120090
P1120094
P1120092

工事をさせて頂くお宅に

お邪魔させて頂き、テラス屋根工事をする前の

準備をさせて頂いて来ました・・・。

その準備とは・・・?

現在は、この様に樹木が生垣として植えてあり

そこの一部を撤去してテラス屋根を取付ける為

植栽を思い切って、撤去して来ました・・・。

結構しっかりと根も付いており

なかなか手ごわい「植栽」でした・・・

でも、この通り!!

綺麗に撤去させて頂きました・・・。

ここにまた新しい「駐輪場」が、完成します・・・。

一日目の作業は、半日で終了・・・

作業2日目・・・

まずは、念入りに寸法を確認します・・・

そして、下地のチェックから始まります・・・

それから、基準が決まったら取付開始・・・

この基準が一番大事!!

それから、柱を建てて骨組みを組み立てていきます・・・

今回は、境界線ギリギリまで使えるように

屋根板をカットして取付けます・・・

身軽な「キムさん」・・・

毎回毎回、助かっています!!

さあ、次は土間の「生コン打ち」・・・

気合を入れて、頑張ります!!

ここで、2日目の作業も終了・・・

作業3日目・・・

現場では、「生コン打ち」が行われました!

先日、テラスの屋根を取付けてもらい

今回は、最終の仕上工事です!

午前中は、何とか日陰の現場では

朝から、ブロックの解体作業から始まりました。

そして、地面を緩やかな勾配に整地して

砂利を敷き込み・・・

鉄筋を入れて、補強して行きます・・・

それから、いよいよ「生コン打ち」です!!

日陰とは言え、物凄い暑さ・・・!?

でも、途中で作業を中断も出来ません・・・。

大粒の汗をかきながら、作業してくれる「春さん」・・・

最終的に、磨き上げて仕上終了です!

本日、もう一度確認して完了です。

参考にして頂けましたら、幸いです・・・

熊本市南区 外構フェンス取付工事

P1110276
リフォーム場所 外構フェンス下地ブロック工事
外構フェンス取付工事
塗装工事
白蟻予防工事
リフォーム費用 外構フェンス下地ブロック工事 ¥166984円
外構フェンス取付工事      ¥254030円
塗装工事               ¥19000円
白蟻予防工事           ¥171915円
諸経費                 ¥16643円
消費税(5%)             ¥31428円
総合計                ¥660000円
工期 外構フェンス下地ブロック工事 3日間
(施工2日間+養生1日間)
外構フェンス取付工事 2日間
塗装工事 0.5日間
白蟻予防工事 0.5日間
合計 5日間
(左官・フェンス・塗装・白蟻同時進行)

施工例ギャラリー

P1110278
P1110279
P1110280

熊本市南区で外構工事が始まりました・・・。

今回は、一部の隣地境界にフェンスを取付ける工事。

まずは、道具が搬入されました・・・

そして、材料のブロックが「山ほど」搬入されました!

これだけの積み下ろしだけでも、相当な重労働・・・

日中の日差しも邪魔をします・・・。

そして、基礎工事の開始・・・

まずは基礎の部分の穴を掘って行きます。

そして、突き固めながら、砂利を敷き込んで参ります。

途中、切りのこしてあった「鉄筋」が危なかったので

サンダーで、カットしてもらいました・・・。

そしてブロックを、一つひとつ並べて行き

基礎部分と2段目までで、一日目の工事が終了・・・。

これ以上積み上げると、基礎部分に負担が掛かり過ぎる為

ここまでで終了してもらいました・・・。

二日目に、続きを行います!!

作業2日目・・・

工事をお世話になっている現場で

珍しいものを、発見しました・・・。

それはコレ・・・???

何なのでしょうか・・・???

実はこれは、左官さん特製の「秘密兵器」・・・

カットする時の「ホコリ集塵機(しゅうじんき)」です!!

今回は、それほど多くは無いのですが

ブロックのカットなどの時に「ホコリ」が

大気中に舞わない様に、掃除機で吸い込んでくれます!!

良く考えてありますよね・・・?

大体、こんな気が気が使える職人さんは

ほぼ100%に近く、「腕も良い!!」職人さんです。

また違う「秘密兵器」を、探して来たいと思います!

見付けたらまた、アップさせて頂きます!!

お楽しみに・・・。

2日間で、第一期工事が完了しました。

外構工事の左官工事でブロック積みの工程が

終了しました・・。

出来上がりは、こんな感じ・・・

素晴らしい!!

やっぱり腕のいい職人さんは、現場も綺麗!!

ピシャッと、掃除までバッチリです!

そして、塗装工事も行いました!

暑い中、汗だくで作業してもらって、ありがとうございます!!

作業3日目・・・

最終工事のフェンス取付の予定・・・

それに、白蟻予防工事も一緒に行います!!

5年毎の「白蟻予防」工事を行いました。

まずは、道具のチェックから・・・

そして、タンク内の薬剤のチェックも・・・

先週初めに、床下調査を行い

特別問題が無かったので、予防工事で施工出来ました。

コレが白蟻が生息していたりすると、「駆除工事」となり

施工的にも、金額的にも大変な事になります。

この工事が、保証期間内の5年以内ですと

以前施工してもらった施工会社が、保証期間内だと

最高1000万円まで保証してくれるので安心ですが

5年を1日でも越えていると、保証が効かなくなります。

車で言うと「車検」みたいなものですので

出来るだけ早目の調査を行って、保証期間が切れない様に

されますことを、お薦めいたします・・・。

室内の床下は勿論の事、

外回りも、キッチリと全て施工を行います!

これでまた、5年間は安心です!

後は、床下換気口を極力ふさが無い様にして

床下の換気が出来る様に心掛けて頂ければ、安心です。

そして、白蟻工事と並行して同時進行で

フェンスの取付をさせて頂きました・・・。

まずは、左官さんが積み上げてくれたブロックに

柱を建てる場所のしるしをつけて行きます・・・

そして、穴を開けていきます・・・。

今回取付けるフェンスはコレ・・・

2種類の高さのフェンスです・・・。

まずは、柱を建てていきます。

高さや、柱の倒れ等を調整しながら、正確に取付けていきます。

今回は、フェンスが結構高い為、柱も長くなっている為

頑丈に、柱廻りを固定して行きます・・・。

通常コンクリートだけでは固定が不安なため、細かい砂利を入れながら

突き固めながら、柱を建てていきます・・・。

そしてまた、柱の倒れ等を細かく調整して行きます。

こちらから調整したり・・・

こちらからも調整したり・・・。

出来上がりは、こちら・・・

参考にして頂けましたら、幸いです・・・

玉名郡玉東町 テラス屋根リフォーム

P1090999
リフォーム場所 洗濯物干し場兼用車庫
リフォーム費用 洗濯物干し場兼用車庫¥323000円
同上組立取付費     ¥89000円
物干し竿掛け金具    ¥12600円
諸経費           ¥13496円
消費税(5%)       ¥21904円
総合計          ¥460000円
工期 洗濯物干し場兼用車庫組立 2日間
物干し竿掛け金具取付仕上 0.5日間
合計 2.5日間

「洗濯物干し場」と「駐車場」を兼ねた屋根を取付ける事になりました!

まずは、どんな形で使われるかを教えて頂き・・・

その理想に近いものとして提案出来る様に、検討します!

今回は、この「母屋と納屋を繋ぐ屋根」として提案しました。

まずは、寸法を入念に測りポイントを出して行きます!

色々なケースを考えて、最善のポイントで取付けて行きます!

このポイントを出す作業が、一番重要な事になります。

一番丁寧に、時間を掛けてする作業です!!

もうから、完成が楽しみになって参りました・・・。

今回は結構広いスペースに

取付ける事が可能だったため、中途半端にならない様に

施工・計画して行きます。

寸法をしっかりと測り、サイズを決めて取付ける場所が決まったら

土間コンクリート部分に、「地墨(ぢずみ」を付けていきます・・・。

柱の大きさを書き込み、更にコンクリートをカットする寸法も書き込みます。

そして、カットして行くのですが、これではホコリがたってしまいます!

そこで、水をかけながらホコリがたたない様に、少しずつカットして行きます。

そうしてカットしたコンクリート部分を、「ハツリ機」でハツッて行きます!

それから、「穴掘り君」で泥を出して行きます・・・。

こう見えてコレが一番の「重労働」・・・

役割分担で、工事は進んで行きます・・・。

しかし、あまりにも重労働なので、選手交代・・・

穴掘りと・・・

ハツリを、交代して行います・・・!!

その深さ、何と60センチ・・・!!

一箇所の穴掘りに、30分の時間が掛かります・・・。

土のう袋に、約3袋もの量になります!

それが、4か所・・・

午前中の、力を使い果たします・・・。

午後からは、柱建てです!!

頭の中では、もう組み上がっているのですが・・・?

午後からは、いよいよ柱の建て方です・・・。

穴を掘った場所の高さを調整し、入念に測って行きます。

そして、その高さと屋根となる部分の勾配を計算し

合掌となる屋根の頂点の長さと、高さをだし

部材をそれに合わせてカットして行きます・・・。

結構、難しい作業です・・・。

カットする際、部材が動かない様に二人掛かりで押さえて

カット調整して行きます・・・。

そして、屋根部分の補強材と柱部分の補強材を

組み立てていきます・・・。

また、別の柱も一緒に組み立てていきます・・・

建てる前にもう一度入念に高さを測り・・・

微調整しながら、地盤を付き固めていきます・・・。

少しずつ、丁寧に、ゆっくりと進めていきます・・・。

何処までも丁寧に・・・!!

いよいよ工事も、本体の組み立て作業に入って行きます。

柱を4本建てて、屋根を支えるのですが、現在の地盤の高さが

4箇所とも違います・・・。

対角線上に寸法を測ったり・・・

直線状に距離や高さを測ったりしながら、いよいよ柱を建てます!

この60センチもの穴の中に、柱を建てていくのですが

一本ずつでは無く、二本を合掌で組み上げて

二本一度に建て込んで行きます・・・。

そして、仮に柱を抑えてまた寸法を測って行きます・・・。

4本とも建ててしまうと、こんな感じ・・・

結構な大きさ・・・!?

がっしり、どっしりしています!!

台風なんかに負けない様に、頑丈に組み上げていきます!

それから、屋根の下地部分の組立です・・・。

屋根板のクッション材を丁寧に取付けていきます!!

そして、一本ずつ丁寧に固定して行きます・・。

これから、「ビス(ネジ)」の数が増えて行きます!

一本一本丁寧に、固定して行きますよ!!

縦組みをしたら、今度は横組み・・・

頑丈に、施工して行きます!!

これから、更に頑丈に仕上げていきます!!

洗濯物干し場作業2日目・・・


柱を建てて、屋根の下地材の取付の後は・・・

屋根と屋根の間に、めい一杯大きくした屋根の調整の為

屋根板を「カット」して取付けていきます・・・。

縦横に補強した、屋根の下地材の上に屋根をかぶせていきます!

一枚一枚、丁寧にかぶせていきます・・・。

途中「きむさん」が、何やらしだしました・・・!?

よ~く見ると・・・???

穴を開ける「ドリルの刃先」を、グラインダーで

研磨し直しています・・・。

さすが職人!!道具も、大切に使われます!!

そして、屋根板を丁寧にかぶせていきますと・・・?

まずは半分を取付けて行き・・・

両方の屋根板が、かぶさってしまいました・・・。

一枚一枚は、大した重さでは無いのですが・・・

全部取付けてしまうと、結構な重さです!

その屋根板の重みで、柱が下がっていないか・・・?

ここで、もう一度高さのチェック!!

あっちからも・・・?

こっちからも・・・?

そして、左右の出入りも・・・

細かくチェックして行きます・・・。

結構、大変でしょう・・・?

やっぱり、素人では出来ませんよね!?

さて、いよいよ最終段階のコンクリート打ちです!!

屋根板を取付けもう一度、柱の高さや

距離などを再点検した所でしたが、いよいよ今回は

その柱の固定作業に入って行きます・・・。

作業工程としては、ここからが2日目の作業です!!

今回は、ちょっと問題が発生しました・・・。

と言いますのも、1日目の作業終了後の夜に

雨が降ってしまい、柱を建てる為の穴に「雨水」が

たっぷりと貯まっていたのです・・・。

2日目の作業は、その「雨水」の撤去からスタートです!!

そこで、職人「きむさん」が

造ったのがコレ・・・

ペットボトルの頭部分をカットして作った「水取り器」です!!

「ビス(ねじ)」を、一本しか固定して無い所が「ミソ」なんです。

水中に入れるまでは、こんな感じで入れて・・・

少し水が貯まったら、重みでひっくり返して水をすくいます・・・

そうして、沢山の水を一度に救い上げていきます・・・。

そして、底ギリギリまで水をすくえるように出来ています!!

考えられてますね・・・?

思わず「きむさん」に・・・

「昭和の人ですねぇ~」・・・?

なんて言っちゃいました!!

すいません「きむさん」!!

そして、それを「しろもっさん」が使いこなして行きます・・・

「上手い!!」

あっと言う間に、水をすくい上げていきます・・・!!

そして、それを横目に「コンクリート」を練って行く「きむさん」でした・・・

う~ん!?なかなか腰も入っております・・・。

あっちから、こっちから、混ぜ合わせていきます・・・。

いよいよ柱を建て込んだ部分にコンクリートを

流し込んで、固めていきます・・・。

少し水がたまっており、水分が多いとコンクリートが

固まらず、強度が落ちる為「から練り」です!

「から練り」とは・・・?

砂とセメントを「水無し」で混ぜ合わせて、使う方法です。

そして、砕石を流し込んで混ぜ合わせていきます・・・。

勿論、水分が足りない時には補給して使います。

この作業を、納得のいくまで行います・・・。

そしてまた、高さを測り調整して行きます!

これでもう動きません・・・。

完璧です!!

そして、これからが最後の仕上げ・・・

今回の最大の目的の、物干し金物を取付けて参ります・・・。

あっちにも、こっちにも、しっかりと固定して行きます。

すると・・・

こんな感じや・・・

あんな感じにも・・・

そして、こんな感じにも・・・

高さの調整が可能です・・・。

最終の仕上げは・・・?

「ブロアー(風で吹き飛ばす機械)」で水分を飛ばして

柱廻りのコンクリートの仕上げです・・・。

こんな感じで充填して、しばらく乾かせたら

もう一度、「金コテ」で押さえて、仕上ます!!

最後には、綺麗にお掃除をして・・・

作業の終了です!!

あっ!?これを忘れる所でした・・・??

雨樋も、キッチリ取付けて完了です!!

さあ、これから活躍してくれますよ!!

梅雨!?問題ありません・・・!!

テラス屋根の工事を参考にして頂けましたら、幸いです・・・

合志市幾久富 築30年 水回りリフォーム

P1080921
リフォーム場所 システムキッチンの取替
システムバスに取替え
洗面化粧台を移設して取替
洋式便器を新規取替
電気温水器に取替え
床下白蟻予防工事
リフォーム費用 システムキッチンの取替 
¥647850円
システムバスに取替え 
¥725100円
洗面化粧台を移設して取替
¥177450円
洗面脱衣室クロス工事 
¥35060円
洋式便器を新規取替   
¥149820円
トイレクロス工事      
¥18600円
電気温水器に取替え   
¥277500円
床下白蟻予防工事     
¥106590円
諸経費            
¥52507円
消費税(5%)       
¥109523円
総合計           
¥2300000円
工期 システムキッチンの取替 3日間
(解体0.5・下地0.5・組立1・仕上1)
システムバスに取替え  4日間
(解体1・下地1・組立1・仕上1)
洗面化粧台を移設して取替 3日間
(解体0.5・下地0.5・クロス1・設備1)
洋式便器を新規取替  3日間
(解体0.5・下地0.5・クロス1・設備1)
電気温水器に取替え 3日間
(解体0.5・下地0.5・養生1・設備1)
床下白蟻予防工事  1日間
総合計 6日間
(設備・電気・大工・クロス・白蟻同時進行)
築年数 昭和58年建築 (築30年)
鉄筋コンクリート造 2階建て

浴室のシステムバスの工事・・・

まずは、解体工事から始まります!

まずは、上から下へと順番に解体して行きます。

まずは、天井から・・・

そして、壁部分・・・

最後に、土間のタイル部分を解体して行きます。

解体した「廃棄物」は、こんなに山のようにあります!

これだけ、新築工事の際は、材料を使われていたのです・・・。

今となっては、お風呂の下も風が通って湿気などが

貯まらないように、風通しが良くなっていきます・・・。

長年に渡って頑張ってきた「材木」も、水分を含み

「水腐れ」していました・・・。

シッカリと撤去して、新しく補強をし直します!

もうから、完成が楽しみです!

本日、システムバスの下の「コンクリート」を打つため

夕方に、白蟻駆除もしてもらいました・・・。

ここまでで、一日目の作業は終了・・・

作業2日目・・・

一昨日解体させて頂いた浴室の下地に

補強の為、コンクリートを打ちます。

まずは、整地をして砕石を万遍なく敷き詰め

鉄筋を配置して行きます・・・。

外では、左官の「ハルさん」が、材料を練っています・・・。

砂にセメントに、水を混ぜ・・・

最後に砕石を入れて、練って行きます・・・。

流石熟練の技・・・

あっと言う間に完成です!

浴室までは、バケツを使ってコンクリートを運び

コテで器用にならして行きます・・・。

これも熟練の技・・・

あっと言う間にこんな風に・・・

今日も「ハルさん」は、上機嫌・・・

スポットライトを浴びて、得意の「鼻歌」にも

キレがあります!!

今日一日養生して、コンクリートを固めて

明日はシステムバスが工事されますので楽しみです!

そして、電気温水器の「架台」も補強して頂きました。

これも、鉄筋を入れてコンクリートを流し込み

固めていきます・・・。

コテで器用になでていく「ハルさん」・・・。

ちょっと、面白そうなので私にもなでさせて・・・?

と、お願いすると・・・?

「でけん!!」て、怒られました・・・。

さすが、職人気質です・・・・!!

ここまでで、2日目終了・・・

作業3日目・・・

昨日行われた「システムバス」の入れ替え・・・

まずは、土台となる床パネルの下地から

作業が始まりました・・・

作業は二手に分かれて外では、壁パネルの取付準備・・・

あっと言う間に下地を造って・・・

浴槽を運び・・・

浴槽を据え付けて行きます・・・

息の合った作業で、素早く出来上がりました・・・。

最後までキッチリと、養生されておられ

最後には、点検まで行われ・・・

最後の完了の張り紙まで・・・

徹底されていますね・・?

完成が楽しみです!!

ここまでで3日目終了・・・

作業4日目・・・

システムバスの工事の続編ですが

システムバスだけを工事すると言う事は、結構

難しい作業になります・・・

それは・・?

出入り口の続いている洗面脱衣室の壁・天井・床も

工事が関連してくるため、一緒に工事をさせて頂く場合が

ほとんどです・・・。

今回も、毎回同様洗面脱衣室の工事も一緒に

させて頂きました・・・。

まずは、大工さんに間仕切り壁(出入り口の壁)を

作ってもらいます・・・。

あっちの寸法に、こっちの寸法・・・!

忙しそうに頭も回転させながら、体も動かします・・・。

洗面脱衣室は、限られた面積なので作業するには大変・・・

そして、この暑さ・・・

休憩を入れながら、頑張ってもらいます!!

さて、システムバス工事の続編ですが・・・

大工さんの間仕切り(出入り口の壁)壁が仕上り

次は、内装屋さんのお仕事「クロス工事」です!!

まずは、工事した壁(ボード)の凹凸などを綺麗にならしていく

「パテ打ち」作業です・・・。

こんな感じで、パテをこしらえて行きます・・・。

それから、実際の壁の凹凸に塗り込んで行きます・・・。

ちょっとして段差も、クロスを張ると一発で解ります!

しっかりとした、下地作りが重要なポイントです・・・。

こんな感じで、処理をしてクロスを張る準備です!!

さあ、いよいよ仕上がって行きますよ!!

さて、システムバス工事の最終編ですが

こんなタイル張りのお風呂が・・・

こんな感じに変わりました・・・

洗面脱衣室もこんな感じでしたが・・・

素晴らしく綺麗になりました・・・。

施工を終えたお客様が、必ずおっしゃる言葉があります!

それは・・・?

「色々悩まんで、もっと早よしとけば良かった!!」と・・・

ありがたい言葉です!!

また、次のお宅でもまた、同じ言葉を頂ける様に

一生懸命頑張ります!!

一方、システムキッチンも浴室の解体と合わせて

同時進行で、解体して行きます・・・。

作業1日目・・・

現場では、新しくシステムキッチンに

取替える為、古いキッチンの解体作業を行いました・・・。

でも、私が解体したため、写真がありません・・・。

作業に集中しすぎて、忘れていました・・・。

でも、最後の仕上げは設備屋さんに手伝ってもらい

綺麗にサンダーで、削ってもらいました・・・。

こんなに大きかったキッチンも・・・

解体して分解すると、このくらいになっちゃいます・・・。

軽トラック「半分」って、とこでしょうか・・・?

システムキッチンの作業2日目・・・

まず、キッチンパネルを施工して行きます・・・。

今回は、端から端までキッチンパネルを張ります。

凄い面積です・・・。

そして、キッチンのBOXが運ばれて来ました・・・。

3分割になっている、この箱・・・

これも全部ホーローで、出来ています!

この上に、人工大理石の天板を乗せ、固定して行きます!

最後に、端部には「コーキング」を施工して行きます!

本日、設備屋さんにガス屋さんの工事をします!

完成が楽しみです!!

システムキッチン工事の作業3日目・・・

さて、システムキッチンの工事の続編です!

と言っても、もう形が出来ている為

設備屋さんが、配管を接続すると使えます!

これで完成・・・。

ガスの取扱い説明が行われております・・・。

一度に色々聞いても解り難い・・・?

使ってみて、質問して頂く方が覚えやすい!!

との事で、おおまかな所だけ説明させて頂き

一旦自分で使って頂く様に、お薦めしております・・・。

ここで料理するのが、楽しみのご様子です・・・。

参考にして頂けましたら、幸いです・・・。

上益城郡益城町 太陽熱温水器取替え工事

P1090199
リフォーム場所 太陽熱温水器取替工事
リフォーム費用 太陽熱温水器解体撤去処分
¥54000円
新規太陽熱温水器取付270Lタイプ
¥334000円
浴室太陽熱温水器用シャワー水栓取付
¥32000円
合計 税込 ¥420000円
工期 太陽熱温水器解体撤去 0.5日間
新規太陽熱温水器取付 0.5日間
合計 1日間
築年数 昭和58年建築 築30年

施工例ギャラリー

imageCA1WKSFI
imageCAKL73J1
imageCAHBV846
imageCAMTIBUA
imageCAUPN09K
imageCAFZQCRY
P1090468
P1090470
P1090471
P1090097
P1090099
P1090100
P1090096
P1090103
P1090104
P1090129
P1090122
P1090123
P1090115
P1090126
P1090128
P1090131
P1090134
P1090136
P1090140
P1090144
P1090147
P1090152
P1090150
P1090137
P1090176
P1090177
P1090173
P1090174
P1090155
P1090159
P1090163
P1090167
P1090168
P1090172
P1090195
P1090200
P1090205
P1090207
P1090209
P1090211

今回は、太陽熱温水器の故障の相談です!

どうも、水が漏れているとのお話・・・。

早速、現地を拝見させて頂く事にしました。

すると、瓦に水漏れの跡が付いています・・・。

結構前から漏れていた様な形跡でした・・・。

そこで、タンク部分のカバーを取り外してみました。

すると・・・?

ジャバラ式になった配管に穴が開いており

そこから、水が漏れています・・・。

設置されたころのお話を聞くと・・・

もう、20年を越しているとの事・・・。

応急処置的に工事をする場合は、一部分の配管を

取替えるやり方もあるのですが、20年も経過していると

その部品を取替えている最中に、別の場所に穴が開いたり

別の部品に不具合が出る事がほとんど・・・

いわゆる「二次災害」的な故障を、招きかねません!?

と言いますのも、ある15年近く使われていたお宅で

同じ様な相談を5~6件受けて来たのですが

ほとんどが、そんな感じで「二次災害」を引き起こし

何度もやり替えたあげく、全部を新品に取替えると言う

苦い経験から、余計な費用を掛けないように

15年以上経過しているお宅では、「部品交換」の

部分的修理は、お勧めしていません・・・。

そこで、今回もじっくりと説明を行った後

お施主様に「部分修理」か?「全部交換」か?

選んで頂く事にしました・・。

最近は、電気代やガソリン代・ガス代などの値上がりからか?

また「太陽熱温水器」の需要が増えて参りました・・・。

どうせ長く利用する物だからと言う事で、新品に

取替えられる事になりました・・・。

まずは、材料の搬入から・・・

お宅への入口が若干狭い場所だった為、

道路にトラックを止めさせてもらい、手運びで搬入する事にしました。

結構な大きさがある為、搬入も大変・・・。

2~3回往復すると、汗ばんできます・・・。

そして、まずは既存の太陽熱温水器を解体し

給水・給湯の配管を切断して行きます・・・。

パネルも3枚取付けてあり、約270L分の太陽熱温水器ですので

解体作業も大変・・・

それから、「集熱板」を取付ける為の「鉄骨の架台」を取付けます!

屋根の上は、足元が不安定なため下で組み立てて

屋根の上に上げて取付けて行きます・・・。

一枚ずつ、丁寧に取付けて行きます・・・。

3枚目になると、ちょっと一安心・・・。

これから、固定作業に入ります・・・

一本ずつ、丁寧に「ビス(ネジ)」で固定して行きます!

寸法通りキッチリ組み立てないと、固定できない仕組み・・・

徹底されていますね・・・?

そして、「集熱板」の固定が終れば、次はタンク部分の取付です!

丁寧に、優しくはめ込んで行きます・・・。

ここまで来たら一安心・・・。

次に配管を元通りに繋ぎかえて行きます・・・。

何故か、凄くご機嫌な水道屋さん・・・

ルンルンで、スキップだった様な・・・?

そして、専用の配管で接続して行きます・・・

そして、ステンレスの番線(針金)で、固定して行きます!

でも、直接固定しようとすると・・・?

以前にしてあったように、瓦が割れてしまいます・・・。

そこで、我が社では専用の金物を使い固定して行きます!

それをしている一方で、浴室の中ではシャワー水栓金具が

取替えられています・・・。

最後に、配管の点検をして水をタンクに上げます!!

タンクに水が貯まったら、早速作動点検・・・

色々な角度から、点検を行います!!

点検に合格したら、最後にカバーを取付けて

「紫外線カット保護テープ」で巻き込んで終了!!

今回も、息の合った作業でした・・・。

さあ、太陽よ集熱板を照らしておくれ!!

熊本市西区 床下白蟻予防工事

imageCA9R2F17
リフォーム場所 床下白蟻予防工事
リフォーム費用 一階床面積×1500円
このお宅の場合 税込¥150000円
工期 白蟻予防工事 0.5日間
築年数 平成5年建築 築20年

施工例ギャラリー

P1070303
image⑪
P1080437
P1080480
P1080439
P1080442
P1080474
P1080478
P1080482
P1090434
P1090435
P1070308

今回は、築20年の木造住宅で「床下調査」を行い

特別「白蟻の被害」は無かった為、「予防工事」を行いました。

実は、外部に白蟻に被害を受けた部分があった為

もしかしたら、家の内部にも被害が出ているのでは・・・?と

念の為、床下調査を行わせて頂きました・・・。

以前は、「薬剤」の濃度が濃い物を使用していた為

10年間の保証が付いた「白蟻予防工事」が多かったのですが

最近の住宅は「気密性」が高く、室内に「隙間風」などが

入らない建物になっている為、あまり「白蟻駆除」の薬の濃度が

濃いと、人体に影響を与えかねない為、数年前から薬の濃度を

薄くして、金額も保証期間も「半分」にしてあるようです・・・。

と言う事は「5年間の保証期間」・・・

このお宅では、新築された時から一度も「白蟻予防工事」を

なされておられませんでした・・・

おそらく、8割以上のお宅がこんな感じで、保証期間が

切れているのにもかかわらず、再施工をなされておられないのが現状です!

幸い、このお宅では被害は見当たらず一安心・・・。

しかし最近の「温暖化」も心配なので、予防工事を行いました・・・。

まずは、床下の木材部分(土台・大引き・束柱)にドリルで

穴を開けて、薬剤を注入して行きます・・・。

そして、この「木せん」を打ちこんで行きます!!

そして、また床下に潜り込み薬剤を散布して行きます・・・

あっち寝ころび・・・

こっち寝ころび・・・

床下を移動するのも、這いずり回って薬剤を散布します・・・

これで一安心・・・

5年間は、バッチリ保証もされます!!

その保証金額は、何と1000万円!!

最後には、丁寧に清掃作業を行って・・・

キッチリと作業を終了します・・・。

熊本市西区 ウッドデッキ解体、組立取付・テラス屋根取付工事

P1080498
リフォーム場所 テラス屋根と、ウッドデッキの取替
リフォーム費用 既存木製ウッドデッキ解体撤去処分
¥79000円
ベンチステップ付ウッドデッキ4.5帖
¥392000円
簡易ステップ付ウッドデッキ4.5帖
¥360000円
パーテーション手摺フェンス取付
¥135000円
テラス屋根取付 D1200×W2700
¥124000円
合計 消費税込 ¥1090000円
工期 既存木製ウッドデッキ解体 2日間
ウッドデッキ組立取付 3日間
テラス屋根取付 1日間(同時施工)
合計 5日間
築年数 平成5年建築 築20年

施工例ギャラリー

P1070287
P1070282
P1070944
P1070284
P1070293
P1070297
P1070294
P1070945
P1070955
P1070956
P1070957
DVC00012 (2)
P1070964
P1070961
Bun_15465_11seibu02
P1080031
P1080032
P1080027
P1080030
untitled
imageCAOVIBNH
imageCA2A83RQ
imageCAJY3PIW
imageCAL0Z8R1
②
DVC00008
DVC00005
DVC00014
P1080012
P1080013
バーベキュー①-1
P1070963
P1080136
P1080140
P1080142
P1080145
P1080167
P1080192
P1080194
P1080197
P1080216
P1080258
P1080219
P1080222
P1080224
P1080225
P1080228
P1080229
P1080231
P1080254
P1080258
P1080264
P1080273
P1080275
P1080329
P1080331
P1080345
P1080350
P1080347
P1080339
P1080341
P1080358
P1080263
P1080362
P1080337
P1080378
P1080370
P1080411
P1080418
P1080421
P1080422
P1080430
P1080427
P1080429
P1080435
P1080457
P1080459
P1080462
P1080465
P1080468
P1080470
P1080486
P1080488
P1080490
P1080491
P1080494
P1080500
P1080507

今回は、新築時に取付けられていた「木造」のウッドデッキが

長い年月で、老朽化し一部「白蟻被害」を受けていた為

危険性が出て来て、事故が起こる前にどうにかしたい!

との事で、ご相談を受けました・・・。

早速、現場を拝見させて頂く事にしました・・・。

お住まいは、20年程前に建築された建物・・・

素晴らしいお宅です!!

それに、とても広いウッドデッキ!!

建物にマッチした、素晴らしい作りです!

その当時作られた物にしては、頑丈にまた

センス良く作られた素晴らしいウッドデッキ!!

家をコノ字型に囲う様に考えられ、何処からでも出入りが出来る

考え抜かれたデザインになっていました。

しかし、流石に20年間余りの年月で「老朽化」には

どうしても勝てませんでした・・・。

詳しくチェックして行くと・・・?

「老朽化」による、水腐れがありました・・・

それに、一部には「白蟻の被害」も見受けられ・・・

ちょっと危険な状態・・・

しばらくは、コマメに行われておられた塗装も・・・

ここ最近は、なされておられませんでした・・・

そこで、今回は思い切って新しく造り替えられる計画になりました!

まずは、解体作業・・・

お施主様にも、ご協力して頂き解体をしました・・・。

順序良く、解体作業を進め2日間に分け行いました。

この字型に配置してあったウッドデッキの中央部分を先に解体し

そこに、解体した「廃材」を、長さ別に並べ作業をします。

まず初日はここまで解体するのに、丸一日掛かりました・・・

「廃材」を、トラックに乗せていくと・・・

こんな「廃材」の量に、なりました・・・。

処分する「廃材」は、市の清掃工場でも処分してもらえるのですが

清掃工場に持って行って処分してもらうと、「焼却処分」

になってしまい、環境にも悪いので・・・

出来る限り、再生資源として処分してもらうように・・・

リサイクルしてもらう事が可能な工場に持っていきます!!

そこでは、この鉄板の上に車ごと廃材を乗せて・・・

重量を測ってもらい・・・

細かく細断して、リサイクルしてもらいます・・・

この、細かく細断した「木片(もくへん)」は・・・

パーティクルボード(再生ベニヤ板)や・・・

ペレット燃料(加工燃料)などに再生され・・・

薪ストーブや、ペレットストーブの燃料として再生されます!

リフォーム会社は、環境の事も「重要視」出来なきゃ、ダメですからね・・・

そして、解体作業2日目・・・

次は、両側に長く伸びるウッドデッキを解体して行きます!

今回、基礎となる「束石」も勿論、全て新しく交換します!!

解体してしまうと、物凄く拾いお庭です!!

今度は、中央にあったウッドデッキを無くして

バーベキューポイントとして、再生します!!

出来上がりが、楽しみですね・・・?

そして、2日目もトラック満載の「廃材」となりました・・・。

いよいよ、ウッドデッキの工事模様です・・・。

まずは、材料の搬入作業です・・・。

次々と運ばれて来ます・・・!

材料も、山の様です!!

そして、基礎となる「束石」を据え付けて行きます・・・。

そして、あっと言う間に丁寧に基礎が造られました・・。

そして、床組を支える「束柱」を建てながら寸法を測り・・・

測った寸法通りに、切断して行きます・・・

それから、足組の固定を行って行きます・・・。

床組も、今度は腐らない様に「アルミ」で作って行きます・・・

床板を支えていく「大引き」も、組んで取付けて行きます!!

途中、寸法通りにカットしながら、手際よく作業を分担し

「加工係」と「組立係」に、「指示係」・・・

順序良く、段取りしながら床板を固定して行きます!

あっと言う間に、ここまで完了・・・

とりあえず、ここまで仕上たら次は細かい作業の

「ステップ(階段)」を作るのですが、細かい作業は次の工程にします!

それから、もう一方のデッキの作業に移ります・・・。

先程と同じ要領で、基礎から束石、束柱建てに・・

「カット係」と「組立係」・「指示係」と分担して行います!

大引きまで組み立てたら、選手交代・・・

補強部分のカットを、行って行きます・・

流れる様な作業で、あっと言う間に・・・

ここまで完了しました・・・。

こちらのコーナーでは、色々な障害物があります!

まずは、シンボルツリーの「もみじ」部分を加工補強します!

床板は、直接「ビス(ネジ)」で固定して行くのではなく

こんな金具で、固定して行きます・・・

こんな感じです・・・。

何故、直接固定しないのかと言いますと・・・?

自然界の熱で、夏場は膨張し、冬場は収縮するからです!!

考えてありますよね・・・?

そして、次の障害物は「雨樋」に・・・

水道の立ち上がりの配管です!!

細かい作業ですが、より丁寧に時間を掛けて加工して行きます!

一方、先程のウッドデッキに「ステップ(階段)」が組まれて行きます!

「ステップ(階段)」用の、専用金具を取付けて・・・

大きい体を折りたたみながら、頑張ってもらってます!!

こんな感じに、出来上がりました・・・!!

ベンチ式の「ステップ」に・・・

昇降用の「ステップ」の完成です!!

一方、こちらでも作業は進められております・・・

こちらでは、テラス屋根の柱を埋め込む部分の穴開口を

してもらっています!!

極力、テラス屋根も大きく出来る様に「ギリギリ」の寸法で

カットし、最大限大きく加工してもらっています!!

一方、その間にもう一つの「ステップ」を造作中・・・

息の合った段取りには、言葉はありません!!

阿吽の呼吸ですね・・・?

そして、テラス屋根の柱を建てて行きます・・・

計算通り、ばっちりハマっています!!

テラス屋根板の下地も、順調に組み立てて・・・

スカイブルーの屋根板を取付けて行きます!!

お見事!!段取りに、計算にくるいはありません!!

そして、指示係の担当者が、図面とニラメッコ・・・!!

丁寧に、組み立てているのが・・・?

ウッドデッキの手摺です!!

こちらでも、組み立てております・・・

そして、もう一つの「ステップ」も順調です!!

いよいよ、最終段階の「手摺」の取付です!!

補強を行った部分にしっかりと固定して行きます!!

こんな感じに、シャープな手摺が次々と組み上がって行きます!

これで、完成間近・・・

シンボルツリーが、よりカッコよく浮き立ちます!!

テラス屋根との、相性も抜群!!最高の出来栄えです!!

少し暗くなって来ると、センサーライトがバッチリと

ウッドデッキと、テラス屋根を輝かせてくれます!!

夏になれば、ビヤガーデンに!!バーベキューに

活躍してくれる事、間違いなし!!

熊本市西区 太陽熱温水器撤去

P1070422
リフォーム場所 太陽熱温水器解体撤去処分
リフォーム費用 太陽熱温水器撤去 ¥42500円
接続配管切断加工 ¥15000円
パネル器具処分費 ¥12500円
合計 消費税込み  ¥73500円
工期 太陽熱温水器解体撤去
給湯器配管切断加工含め 0.5日
合計 0.5日間
築年数 平成5年建築 築20年

施工例ギャラリー

P1070437
P1080182
P1080206
P1070441
P1070436
P1080182
P1070437
P1080175
P1080174
P1080151
P1080152
P1080181
P1070427
P1070426

今回は、長年使われてきた太陽熱温水器が

数年前に故障した為、随分使われておられなかった

「タンク型太陽熱温水器」の撤去を、行いました・・・。

部品の交換も検討なされておられたそうですが

その当時「訪問販売」で、購入をされた商品で

実は、その販売した会社が無くなっていたのでした・・・。

と言う事は、部品の交換も出来ない・・・!?

どうしようもなく、そのままになっていたそうです・・・。

しかし、家の屋根にも負担が掛かってしまうし

台風など来た後では、ご近所にも迷惑を掛けるかも知れない・・・

と思われ、今回撤去する事になりました・・・。

「タンク式太陽熱温水器」は、大きな電気温水器の様な物を

設置しなければならない為、使わないとなれば

これも邪魔な存在になっていました・・・。

そこで、給湯器に接続してあった配管も撤去し

スッキリとしました・・・。

勿論、かなりスペースを使っていました本体も分解し

接続してあった配管を撤去しました・・・

タンクの中に水が入ってないと、そんなに重くはありません!

軽トラックでも、運べる大きさに重量です・・・。

廻りもスッキリとしました!!

そして、今度は屋根の上に乗っている「集熱板」の撤去です!

まずは、接続されている配管などの切断・分解から始めます。

このはしごを使って、昇降して行きます・・・。

道路面から、敷地が上がっている為結構な高さ!?

緊張しています・・・

そして、いよいよ解体作業の開始です!!

撤去した後は、綺麗に清掃して完了・・・

ホッとした瞬間でした・・・。

熊本市南区 テラス屋根取付

P1070316
リフォーム場所 北側勝手口からの1.2m幅程度の
スペースに、サイクルポートを兼ねた
テラス屋根の取付を、致しました。
工期 テラス屋根組立取付 1日間
築年数 平成13年建築 築12年

施工例ギャラリー

P1070319
P1070742
P1070748
P1070777
P1070758
P1070756
P1070759
P1070804
P1070773
P1070791
P1070770
P1070789
P1070798
P1070812
P1070815
P1070808
P1070818
P1070808

今回のご相談は、サイクルポートを取付けたい!とのご相談から

計画が始まりました・・・。

サイクルポートとは・・・?自転車やバイクなどを駐輪するスペースの事。

最近人気の自転車や、バイクが「雨ざらし・日ざらし」では

傷み方も早いだろうし、第一かわいそう・・・

そんなご家庭が、段々増えて参りました・・・!

そこで、現場を拝見させて頂くと・・・

近くに勝手口もあり、結構スペースも広く空いています!

駐輪場だけでは、もったいないスペース・・・。

そこで、勝手口からもテラス屋根を利用して「ゴミ」等も

分別して置ける様、ちょっと長めにテラス屋根を使えるように

提案させて頂きました。

シャープな建物の外観を損なわないように、テラス屋根も

シャープなタイプの物を、提案させて頂きました。

また、もしかすると横殴りの雨などで、壁面パネルが

欲しくなったときにも、後で工事代金的にも再施工時にも

簡単に取り付けられる様に、真ん中にもう一本柱を

入れさせて頂く提案にしました・・・。

そうすると、後々「壁面パネル」を、取付ける際にも

簡単に取付させて頂く事が出来ます・・・。

まずは、取付けさせて頂く場所をお施主様と一緒に

立ち会って頂きポイントを決め、基準となる「木取り」を

取付けて行きます・・・。

そして、柱を建てる為のポイントを決め穴を掘ります・・・。

それから、機械を使い「レベル(高さ)」を測って行きます・・・。

そして、基準となる「木取り」部分に防水加工の

コーキングを先に行っておきます。

細かい部材の加工・切断をして・・・

次に、柱を建てこんで行きます・・・。

また、高さを調整しながら・・・

屋根となる部材を組み立てていきます・・・

テラス屋根の下地となる「垂木(骨組み)」も加工して・・・

順序良く・手際よく、組み立てて行きます・・・

そして、部材の重量で「レベル(高さ)」が、くるっていないか?

もう一度機械で、チェックして行きます・・・

チェックが終ると、いよいよ最終段階の屋根板取付です!

今回は、境界線ギリギリまで屋根板を延ばしたかったので

少し大きいサイズから、部材をカットして取付けた為

屋根板もそのサイズに合わせて、カットして行きます!

今回選んで頂いたのは、空の色に近い「ブルースモーク色」・・・

ちょっとのすり傷も、見えやすい色ですのでカットする時にも

緊張感が走ります・・・。

カットした屋根板を一枚一枚、丁寧に取付けて行きます・・・

最後の一枚で、緊張感が無くならない様に、

最後にいつも私が掛ける言葉があります!

それは・・・?

時間はたっぷりあります!!

最後の一枚こそ、ゆっくり時間を掛けて施工お願いします!!と・・・

施工期間は、1日間・・・

今回も、完璧な職人さんのお仕事でした・・・。

中央区マンション「プチ・リフォーム」

P1060379
リフォーム場所 キッチンの食器棚設置部分のスペースが
思ったより狭く、キッチン作業での「違和感」を
感じておられました。
そこで、食器棚を無くし「家電収納」が出来る
可動式造作棚を作成させて頂きました。
工期 作業前養生作業   0.5日間
大工解体・造作工事 0.5日間
カウンター塗装・金物取付作業
0.5日間
内装クロス仕上工事 0.5日間
現場最終クリーニング 0.5日間
合計 3日間
築年数 平成25年2月竣工 築1ヶ月
家族構成 ご主人様・奥様・お子様の3人家族

施工例ギャラリー

P1060251
P1060376
P1060253
P1060326
P1060323
P1060325
P1060333
P1060335
P1060338
P1060340
P1060347
P1060350
P1060342
P1060345
P1060351
P1060356
P1060364
P1060363
P1060367
EPSN0454
EPSN0450
EPSN0448
EPSN0445
P1060372
P1060358
P1060387
P1060386
P1060380
P1060378

今回は、築1ヶ月新築のマンションの「プチ・リフォーム」のご紹介です。

元々の新築予定のマンションの間取りを、途中でオーダーできるタイミングで

購入を決められ、間取りも自由に打合せされ決められました・・・。

こんな「セミオーダー・マンション」が、ある事をご存じない方がほとんどでは

ないでしょうか・・・?

別途に掛かる費用が高額になるのでは??と、注文さえます方も少ないのが

現況の様です。しかし、今回の施工は、どうしても実際に使ってみて「不具合」を

感じておられたお客様の依頼で、自分サイズにあった「プチ・リフォーム」を計画

されました。まだ、築1ヶ月のピッカピカなのに・・・?と、思われる方もいらっしゃる

かと思いますが、コレが1年先とか2年後になると、もっともったいない結果となります。

 

それは、中途半端に新しく・古くも無いけど??そんな時期になると、色々と

余計な費用が掛かってくる場合が出て来ます・・・。

例えば、内装仕上げの「クロス」・・・。生産の「ロット」の違いや、生産中止になって

しまう事も考えられます・・・。そうなると、全面的に貼り替えなければならなかったり

もし同じものが存在していても、色が違って見えたりで、違和感も感じます・・・。

 

新しい状態だからこそ、納得いくスタイルで「プチ・リフォーム」されます方が

増えているのです・・・。実際、使ってみないと解らないのが「普通」です。

もし、違和感を感じたら早目にされると、工事費用は少なくて済みますよ!!

熊本市東区 「トイレリフォーム」

EPSN7318
リフォーム場所 和式のトイレを、洋式の便器に
取替える、リフォーム工事
リフォーム費用 トイレ解体造作・大工工事
¥22,400円
床・壁造作材木関係部材
¥23,000円
設備配管やり替え、便器取付工事
¥58,000円
ウォシュレット用電源コンセント取付
¥22,600円
床・壁内装クロス(壁紙)張り工事
¥15,000円
ウォシュレット付便器
¥89,000円
工事合計金額 ¥230,000円(税込)
工期 トイレ解体造作・大工工事
1日間
設備配管やり替え、便器取付工事
0.5日間
ウォシュレット用電源コンセント取付
0.5日間(同時進行)
床・壁内装クロス(壁紙)張り工事
0.5日間

工事合計 2日間
築年数 昭和58年 (築30年)
家族構成 ご主人様・奥様・お子様2人の
4人家族

施工例ギャラリー

EPSN7028
EPSN7318
EPSN7023
EPSN7204
EPSN7201
EPSN7207
EPSN7210
EPSN7212
EPSN7215
EPSN7217
EPSN7219
EPSN7222
EPSN7225
EPSN7227
EPSN7233
EPSN7262
EPSN7267
EPSN7268
EPSN7301
EPSN7304
EPSN7665
EPSN7667
EPSN7306
EPSN7308
EPSN7311
EPSN7316
EPSN7323
EPSN7318

今回は、和式の便器が不便だったので「洋式の便器」へと取替の

リフォームです。床や壁の一部が「タイル貼り」と言う事もあり

冬場は寒さも感じますし、お掃除も大変だったそうです・・・。

温かみのある床材に、壁部分も柔らかい印象に変わりました。

さらに、便器は「トルネード洗浄機能」の付いた便器に取替え

汚れも付きにくく、お掃除も簡単になりました。

特に、冬場の寒い時期には暖かい便座は、必需品です・・・。

玉名市繁根木「外壁塗装リフォーム」

P1040140
リフォーム場所 屋根瓦・外壁関係の高圧洗浄
外壁・軒裏天井・雨樋・雨戸・木部の塗装
玄関ポーチ柱・梁しみ抜き保護塗装
リフォーム費用 屋根瓦・外壁関係の高圧洗浄
¥57,000円
外壁塗装(アクリルスキン吹付)
¥258,000円
軒裏天井塗装(アクリルスキン吹付)
¥101,000円
雨樋塗装(OP刷毛塗り)
¥71,000円
雨戸塗装(OP刷毛・ローラー塗り)
¥54,000円
木部・板金関係塗装
¥124,000円
玄関ポーチ柱・梁しみ抜き保護塗装
¥92,000円
仮設足場組立・撤去費用
¥174,000
合計 ¥931,000円(消費税込)
工期 足場組立・撤去作業 1日間
屋根瓦・外壁高圧洗浄作業 1日間
外壁・軒裏天井・雨樋・雨戸・木部の塗装
玄関ポーチ柱・梁しみ抜き保護塗装
10日間  合計 12日間
築年数 平成2年建築 (築23年)
家族構成 ご主人様・奥様の2人暮らし

施工例ギャラリー

P1040136
P1050939
P1040151
P1050946
P1050387
P1050388
P1050394
P1050398
P1050402
P1050411
P1050439
P1050444
P1050478
P1050546
P1050522
P1050524
P1050531
P1050538
P1050553
P1050558
P1050562
P1050571
P1050575
P1050588
P1050592
P1050603
P1050607
P1050613
P1050625
P1050682
P1050629
P1050634
P1050645
P1050656
P1050663
P1050665
P1050667
P1050669
P1050670
P1050674
P1050678
P1050687
P1050692
P1050695
P1050697
P1050707
P1050710
P1050716
P1050720
P1050721
P1050739
P1050742
P1050745
P1050765
P1050755
P1050826
P1050831
P1050855
P1050859
P1050862
P1050929
P1050920
P1050918
P1050924
P1050774
P1050805
P1050803
P1050779
P1050783
P1050789
P1050785
P1050772
P1050790
P1050933
P1040154
P1040136
P1040143
P1050939

今回は、元々「アクリルリシン吹付塗装」を新築時に行われていた時から

1度も何もされておられない状態でした。

築23年と言う年月により、外壁には「クラック(ひび割れ)」や、南面や

西面は特に、雨ざらし日ざらしの状態で外壁の色あせが、目立っていました。

それに、大気中のホコリや汚れなどが付着し、くすんだような感じに

なっておりました。

そこで今回は、塗装工事の中でも「耐久性」に優れ、色合いも上品な

「アクリルスキン吹付塗装」になされました。

簡単に説明すると、以前の「リシン吹付」は「ゴム状の粒」を1色の

塗料に混ぜて塗装するのに対し・・・

「スキン吹付」は、「石の粒」を約5種類の色と一緒に混ぜ合わせて

塗装しますので、仕上がりの「質感」が全く違うのに加え、「耐久性」にも

最も優れた塗装と言われております。

玉名市繁根木 「軒裏天井張替え」

P1020992
リフォーム場所 以前、ベニヤ材で張ってあった軒裏が
年月が経ち、剥がれてきていました。
耐水性も無い為、塗装できないので
耐水性のあるボードに張替えました。
リフォーム費用 軒裏天井・耐水ボード張り替え
大工工事作業代
¥137,000円
軒裏天井貼り替え
材料代(下地材・仕上げ材含む)
¥210,000円
合計 ¥347,000円(消費税込)
工期 軒裏天井下地こうじ 1日間
軒裏耐水ボード張り替え 2日間
最終仕上工事 1日間
合計 4日間
築年数 平成2年建築 (築23年)
家族構成 ご主人様・奥様の2人暮らし

施工例ギャラリー

P1020996
P1040221
P1040190
P1050193
P1050194
P1050196
P1050199
P1050208
P1050218
P1050222
P1050232
P1050237
P1050241
P1050245
P1050253
P1050256
P1050259
P1050271
P1050274
P1050275
P1050278
P1050280
P1050287
P1050294
P1050301
P1050303
P1050309
P1050313
P1050324
P1050326
P1050331
P1050333
P1050335
P1050337
P1050339
P1050345
P1050348
P1050360
P1050361
P1050488
P1050496

今回は、軒裏天井のべニア仕上だった部分が腐れて

剥がれていた為、貼り替えをされる事となりました。

以前は、「化粧べニア」の名称で、何処のお宅も

和風住宅ならば、この仕上がほとんどでした。

新築当時はとても綺麗で、体裁も良く流行っていました。

しかし、長年の湿気や雨漏れなどでべニアが腐れて

剥がれ落ちて来るお宅が続出した為、今現在では

この様な施工はされておられません・・・。

耐水性のあるボードを張り、施工するお宅が増えて

参りました。

そこで、今回は現在の仕上げ材を下地として、補強を

加えながら、「重ね貼り」をして、耐水ボードを施工

させて頂く事となりました。

一旦、全部はがしてしまう程は、傷んでおらず

解体する作業の手間と、廃材を処分する費用も

軽減する為、その上から施工させて頂きました。

玉名市繁根木 「屋根瓦・台風対策」

P1040965
リフォーム場所 以前台風の時に手直ししてもらった
屋根瓦の工事が上手く出来ておらず
瓦がズレて、落ちかけていました。
漆喰の塗替えと、隅瓦の取り直しに
身瓦の「ビス(ネジ)止め」の行いました
リフォーム費用 漆喰塗り直し・隅瓦の取り直し
¥170,000円
身瓦の「ビス(ネジ)締め」固定
¥113,000円
合計 ¥283,000円(消費税込)
工期 漆喰塗り直し・3日間(1人作業)
隅瓦の取り直し・3日間(1人作業)
身瓦の「ビス(ネジ)締め」固定
3日間(1人作業)
合計 3日間(3人同時作業にて)
築年数 平成2年建築 (築23年)
家族構成 ご主人様・奥様の2人暮らし

施工例ギャラリー

P1040141
P1040182
P1040187
P1040194
P1040712
P1040726
P1040727
P1040602
P1040608
P1040628
P1040629
P1040639
P1040641
P1040642
P1040643
P1040645
P1040649
P1040654
P1040655
P1040658
P1040697
P1040701
P1040703
P1040718
P1040720
P1040928
P1040929
P1040932
P1040940
P1040975
P1040976
P1040981
P1040982
P1040984
P1040931
P1040933
P1040935
P1040700
P1040615
P1040613
P1040610
P1040957
P1040966
P1040968
P1040970
P1040972
P1040974

今回は、以前台風の被害を受けられた際に、瓦屋さんに

修理をお願いされたそうなのですが、その時の施工が

上手く出来ておらず、瓦がズレて落ちかけていました。

また、その時に「台風対策」もされておらず、身瓦には

1本も「釘」が、留めて無い状態でした・・・。

このまま、もし台風が来ればほとんどの瓦が飛ばされて

しまう程の状態でした。

そこで、今回は施工が上手く出来ていなかった「隅瓦」

部分を一旦取り外し、下地の「漆喰」から取り直して

銅線で瓦を固定し、締め直して施工しました。

また、漆喰が外れていた部分も全て漆喰を塗替え

固定し直しました。

更に、身瓦部分を1枚1枚「ビス(ネジ)」で固定

し直し、台風でも絶対飛ばない様に「台風対策」も

頑丈になされました。

玉名市繁根木 「外部排水配管工事」

P1040155
リフォーム場所 配管施工不要の為、地盤沈下した
外部汚水雑排水配管のやり替え工事
リフォーム費用 外部汚水雑排水配管取替12m
¥154,000円
地盤転圧作業・山砂埋戻し作業
¥29,000円
合計 ¥183,000(消費税込)
工期 外部汚水雑排水配管取替工事
1日間(その日の内には、使用可能の状態)
地盤転圧作業・山砂埋戻し作業
1日間(山砂を綺麗に整地まで完了)
合計 2日間
築年数 平成2年建築 (築23年)
家族構成 ご主人様・奥様の2人暮らし

施工例ギャラリー

P1040158
P1040162
P1040131
P1040133
P1040135
P1040796
P1040799
P1040804
P1040805
P1040810
P1040813
P1040815
P1040818
P1040821
P1040823
P1040824
P1040829
P1040831
P1040842
P1040844
P1040848
P1040893
P1040897
P1040923
P1040921
P1040924
P1040925
P1040947
P1040949
P1040951
P1040953
P1040996
P1040988
P1040989

今回の工事は、外部のモルタルで作られた階段が、大きく傾くくらいに

敷地の地盤が沈下していました。

当初、お客様は新築をされた際に「しっかりと地盤を固めていなかったのでは?」

と、思われておられたそうです。

 

しかし、建物の「基礎」等には全く異常は見られませんでした。

その為、お客様もそう気にされる事無く、日常生活を送られておられました。

そこで、現場の調査を行ってみると・・・?

外部の汚水雑排水の配管工事が、上手く出来ておらず、配管の接続部分より

水漏れをしている事が解りました。

水漏れが原因で、地盤が下がり配管の流れていく為の「勾配(傾き)」が

「逆勾配」になり、さらに水漏れをして、また地盤が下がっていく・・・。

この様な「悪循環」が、繰り返されていました。

建物の基礎地盤的には、問題は無かったのですが、このまま放置しておくと

とんでもない様な「欠陥」に、早く気付く事が出来ました。

そこで、一旦汚水雑排水の配管を掘り返し、以前施工されていた「タメマス」を

撤去し、現在の標準的な配管に取替えを行いました。

以前は、この様な「タメマス」が一般的でしたが、現在では「欠陥」が見つかり

この様なやり方は行われておられませんが、平成10年ぐらいまではこの方法で

施工されておられるお宅が、数多く残っているのも現状です。

建物の「ひずみ」になる前の施工で、特別影響が無かったので安心しました。

一度配管を全部掘り返して、「転圧機(地盤を付き固める機械)」でしっかりと

固めた後に、配管を新しく入れ替えました。

配管の接続部分にも、専用の「パッキン材(ゴムジョイントパッキン)」を使用し

今後は漏れの無い様に、施工されました。

荒尾市緑ヶ丘 テラス・デッキリフォーム

P1040242
リフォーム場所 リビング前テラス屋根
人工デッキ(ひとと木)取付
リフォーム費用 リビング前テラス屋根工事
D3014×L3033
¥198,000円
人工デッキ(ひとと木)取付
D2700×L2724
¥292,000円
合計 ¥490,000円(消費税込)
工期 テラス屋根取付工事 0.5日
人工デッキ組立工事 0.5日
最終仕上・物干し金物取付 0.5日
合計 1.5日間
築年数 平成18年建築 (築6年)
家族構成 ご主人様・奥様・お子様2人の
合計4人家族

施工例ギャラリー

P1040748
P1040749
P1040753
P1040760
P1040785
P1040757
P1040764
P1040772
P1040775
P1040771
P1040782
P1040864
P1040869
P1040874
P1040876
P1040886
P1040882
P1040871
P1040887
P1040889
P1040907
P1040909
P1040912
P1040916
P1040918

今回は、東側にある物干し用のテラス屋根とは別に、リビングの南側にテラス屋根と

人工デッキ(ひとと木)を、取付けられました。

ウッドデッキでは、1年に何度も塗装の塗替えや、メンテナンスの面からも手間が

掛かってしまう為、人工デッキ(ひとと木)を、お薦めさせて頂きました。

お庭が広い為、4.5帖ほどのデッキを取付け、そのデッキの上にはテラス屋根も

一緒に取付けられました。

自転車の通り道や、全体的なバランスから考え、とても良い空間が出来ました。

窓を開けると、第二のリビングがスリッパのまま出入り出来、広々と使えます。

是非、夏場にはバーベキューやビヤガーデンで、お楽しみいただき、また冬では

秋刀魚やカキなどの、魚介類のバーベキューなども楽しめますよ!!

また、洗濯物も南側の方が乾きやすいので、季節によって使い分けられますのも

お薦めポイントの1つです!!

山鹿市鹿央町 テラス屋根工事

P1040470
リフォーム場所 北側洗濯物干し場
テラス屋根取付工事
リフォーム費用 テラス屋根取付工事
D2114×L3844 R屋根
ポリカーボネート(ブルースモーク)
¥210,000円(取付・消費税含む)
工期 テラス屋根取付 1日間
築年数 平成22年建築 (築2年)
家族構成 ご主人様・奥様・お母様・娘様
ワンちゃんの4人と3匹家族

施工例ギャラリー

P1040515
P1040522
P1040525
P1040534
P1040540
P1040543
P1040552
P1040558
P1040563
P1040567
P1040571
P1040572
P1040582
P1040585

今回は、洗濯物を干す為のスペースにテラス屋根を取付けられますことになりました。

どうしても、共働きなどで家を空けられる事が多くなるご家庭では、洗濯物の心配が

頭から離れません・・・。最近は、秋口から冬場にかけて「雨」が多くなり、洗濯物が

乾きにくく、困っておられるご家庭が増えている様です!

 

これだけのスペースがあれば、まず大丈夫でしょう!!

それに、勝手口近くに設置されると、泥物のお野菜の洗いものや、靴などの洗浄にも

活躍してくれますよね!!外での作業も、雨に濡れずに出来る為、最適です!!

 

また、最近ではご主人様などが家の中では「タバコ」を吸われず、外で吸われます

ケースも増えています・・・。そんな時にも、ベンチ椅子などを置いてくつろぐのにも

最近人気があります!!色々な使い方が出来る「外部空間」!大切にしたいですね!!

熊本市中央区 テラス屋根リフォーム

P1040277
リフォーム場所 テラス屋根移設・延長増設工事
リフォーム費用 テラス屋根・既存移設工事
¥59,000
新規テラス屋根 D1170×L3670
¥129,000
新規テラス屋根取付費
¥52,000
合計 ¥240,000(税込)
工期 既存テラス屋根解体撤去
新規テラス屋根組立取付
合計 1日間
築年数 平成21年建築 (築3年)
家族構成 3人家族

施工例ギャラリー

P1040298
P1040318
P1040313
P1040308
P1040316
P1040347

今回は、既存のテラス屋根が微妙に使い勝手が悪くなってきた為、

一旦テラス屋根を取り外し移設して取付ける事になりました。

「微妙に使い勝手が悪い」と言うのは、

①玄関から移動するときに少し隙間を空けて取付けてあった為、

雨に濡れてしまう事。

②デッキが取付けてあるのですが、全ての部分にテラス屋根が

かぶっているのでは無く、一部屋根が無い部分があり、濡れてしまう。

と、言う事がありました。そこで、一旦取り外し移設すると共に

延長して増設する様に施工されました。

これで、全部のデッキ部分が濡れなくて済む様になりました。

熊本市西区 S様邸 白蟻予防工事

imageCA9R2F17
リフォーム場所 白蟻予防工事(5年保証工事)
リフォーム費用 床下点検調査     0円
白蟻予防工事 118,000円
合計       118,000円
工期 床下点検調査1日・白蟻予防工事1日
合計2日間 (調査半日・予防半日)
築年数 平成19年建築 (築5年)
家族構成 ご主人様・奥様・お子さん2人
金魚沢山・カメ1匹・フナ2匹の
4人と沢山のペット家族

施工例ギャラリー

P1040030
P1040059
P1040077
yukasita010

今回は、床下点検調査から入りました。新築され5年間は元々の白蟻工事の保証が5年間付いています。その保証が切れる1ヶ月前程に「床下点検・調査」を行います。点検調査させて頂く内容は、まずは①白蟻の被害が無いか?次に②設備・ガスの配管に問題が無いか?③電気配線に問題は無いか?④動物による被害を受けそうなポイントは無いか?⑤外壁やベランダの防水による雨水の侵入(雨漏れ)は無いか?⑥瓦などのずれや割れにより雨水の侵入(雨漏れ)は無いか?等々、多岐にわたって調査を行います。もし、その状態で問題があれば元々建築された会社(工務店)さんの、保証期間内でして頂けるものは全て報告し、保証の範囲内で手直し(補修・やり直し)をして頂くように、内容をご説明させて頂きます。それから、何も問題が無ければギリギリのタイミングで、白蟻予防工事の再施工を行います。勿論、施工後から5年間の保証が付いています。

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »
どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。強引な営業、しつこい営業は一切行いません。