施工実績 ― 外だけリフォーム

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の「熊本市北区の家」・・・

今回は、屋根瓦葺き替えリフォーム工事の実例紹介です。

屋根瓦にも色々と種類がありますが、熊本地震以来

コロニアル瓦という軽くて、風に強い薄い瓦が人気です。

実をいうと、このお宅5年前にセメント瓦から

板金の屋根に葺き替えられておりました。

しかし、施工が悪く雨漏れしていたのです。

そこで、原因を突き止め葺き替えることになりました。

それでは、長文になりますがいつものブログ形式で

ご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・

施工1日目・・・

先日から始まりました

屋根瓦葺き替え工事「熊本市北区の家」では

作業の前にまず、足場組立からスタートです・・・

まずは、足場の荷下ろしからスタート・・・

そしてまず、基準となる部分から丁寧に組み立てていきます。

組立ながら、もう一人は材料を運びます・・・

そして、いつもの責任のしるし「イメージ看板」を取り付けます。

シッカリと良い仕事が出来る様に、努めます・・・

施工2日目・・・

いよいよ、屋根瓦の工事が始まりました「熊本市北区の家」では

まずは、既存の板金屋根を取り外していきます。

実は、屋根から雨漏れしておりました。

地震直後に、他社で施工されたものです・・・

棟板金や、隅板金から雨漏れしておりました。

あまり大きい声では言えませんが、1箇所2箇所ではありません。

どこそこから、雨漏れしておりました。

そこで、シッカリちゃんと施工できるところに依頼したい!!

と言う事で、ご紹介を頂き施工させて頂く事となりました。

大工さんに板金屋根を剥ぎ取ってもらい・・・

谷部分には、下地を作って頂き

バッチリ補強して頂きました・・・

そして、昼過ぎから瓦屋さんが防水フェルトを貼りに来てくれました。

水下の方から、丁寧に防水フェルトを貼っていきます。

雨が降る前に、張り終えて一安心・・・

さあいよいよ、瓦工事が始まります!!

完成が楽しみ!!

施工3日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の熊本市北区の家では

早速、瓦屋さんが瓦を運んできてくれました。

トラックから屋根までは、機械で上げます。

そこからは、手作業です・・・

一束30kg程あるコロニアル瓦を、間配りしていきます。

手運びなので、結構大変な作業・・・

そして、基準となるスタートラインに印をつけていきます。

まずは、一番大きな北側の面から作業スタートです。

さあ、いよいよ瓦取付作業が始まります。

一枚一枚丁寧に、取り付けていきます。

一枚につき、4本の専用釘で固定していきます。

地道で、大変な作業です・・・

そして、念の為帰りにはシートで養生していきます。

張り終わりのところから、雨水の侵入を防ぎます。

3日目の作業はこれで終了・・・

今日もしっかりと頑張ります!!

施工4日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の熊本市北区の家では

軒先の水切り板金を取り付けて、また別の面のコロニアル瓦が葺き始められました。

一枚につき4本の専用釘で固定されていきます。

そして、半分は次の瓦で重ねられ固定されていきます。

ですから、普通の瓦に比べ倍以上の施工面積となります。

色が違うところが重ねられて固定されていく場所です。

そして、隅木部分は斜めにカットしていきます。

印をつけたところに合わせて・・・

ガチャっと、専用に機械でカットしていきます。

そしてまた丁寧に専用釘で固定していきます。

徐々に形になって参りました・・・

そして、最後にはシートで養生していきます。

この時期は、天候が変わりやすく養生も大変・・・

さあ、今日もがまだします!!

施工5日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事「熊本市北区の家」では

いよいよ屋に部分に板金の取付を行い

また少しずつ、瓦が一枚一枚丁寧に固定されていきます。

もう、何百本釘を打ったのでしょうか???

物凄い数の釘で固定されていきます。

そして、綺麗に仕上がっていきます。

一面一面丁寧に施工して頂いております。

完成が楽しみです!!

施工6日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の「熊本市北区の家」では

いつものように、一枚一枚丁寧に釘打ちされていきます。

そして、谷板金部分もしっかりと施工して頂いております。

こんな感じで、一面一面施工されていきます。

そして谷板金をはさむもう一方も、コロニアル瓦が葺かれていきます。

綺麗ですね・・・?

少しずつ丁寧に作業中・・・

完成が楽しみです。

施工7日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事「熊本市北区の家」では

隅木部分に、板金を施工していきます。

板金と板金のかみ合わせ部分は、念入りに施工・・・

谷となる板金部分と、山となる板金部分・・・

施工の仕方はまるっきり違いますが、丁寧にすることは同じ・・・

シッカリと寸法を測り、施工していきます。

板金のジョイント部分には、コーキング材で接着していきます。

こんな感じで、丁寧に施工されていきます。

棟部分には、貫板を取り付けビス穴はコーキングで埋めて行きます。

綺麗に施工されております・・・

完成が楽しみです!!

施工8日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事「熊本市北区の家」では

瓦工事の終盤になって参りました・・・

施工はいつものごとく、丁寧に行われております。

天候も回復して、まだ日中は暑いぐらい!?

谷板金部分の重ね部分は210mm以上・・・

コレが標準施工の寸法です。

いい感じになって参りました・・・

一面一面丁寧に釘打ちされていきます。

もう、瓦屋さんの工事は終盤・・・

完成が楽しみです!!

施工9日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の「熊本市北区の家」では

屋根工事が終盤・・・

最後の仕上げとなりました・・・

綺麗に仕上がっております・・・

最後は、板金部分の仕上げとなりますが

一番水上の部分に木材で下地補強をして

その上に、防水となる板金をかぶせていきます。

こんな感じ・・・

しかしこれが一番難しく、時間がかかる作業です。

慌てることなく、丁寧に作業して頂いております。

そしてこれ!!

これは、年月が経過するとどうしても軒先が重力によって

下がって来て、コロニアル瓦に若干の隙間が出来ます。

それを、瓦屋さんのオリジナル押さえ金物で接着していきます。

そうすることで、見栄えもそうですが風を受けにくくする意味もあり

必ず最後のチェック項目にしております。

さあ、最後のひと踏ん張り!!

最後まで丁寧に頑張って参ります・・・

施工10日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の「熊本市北区の家」では

雨樋の取替工事が行われております。

屋根瓦を葺き換えると、その屋根にあった雨樋が必要になります。

雨樋に雨がスムーズに流れ落ち、水上から水下に流れていくように

雨樋の受金物から、全て取り替えます。

取り外した雨樋も、おそらく30年以上使われているものなので

劣化が激しく、所々割れやヒビが入っておりました。

そこで、新しい雨樋に取り替える部材がコレ!!

昔と違い、受金物も釘止めではなくビス(ねじ)止めタイプです。

勿論ステンレスのビス(ねじ)で固定していきます。

これで雨樋の取替作業は終了・・・

最後は丁寧に、綺麗にお掃除して終了です!!

施工11日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム工事の「熊本市北区の家」では

屋根瓦工事の最終仕上げです。

最後の板金の取付が行われております。

最後が一番難しい・・・

複雑な角度を合わせながら、仕上げていきます。

綺麗に仕上がりました。

そして最後は、玄関上の屋根・・・

シッカリとケラバ(妻側)の水切り捨て板金を入れて

屋根瓦を葺いて、一番水上の部分には下地補強の木材を固定し

水切り板金を取り付けます・・・

最後も、シッカリとコーキングで防水し完成!!

最後に足場を解体すれば完成です!!

足場を外すのが楽しみ!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

小屋屋根再生工事「益城町の小屋」葡萄棚を作りたい!!

今回は、小屋屋根再生工事の実例紹介です。

築60年ほど経過した小屋は、元々豚を飼育するために

建築された小屋でした。

益城町に立地するこの小屋は、地震にも耐え

シッカリとその存在感を残しております。

今回、たまたま育てていた葡萄のつるが伸び

折角なら「葡萄棚」が作りたいとの事で計画が始まりました。

既存の屋根はスレート瓦で、日が差し込まないため植物を

育てるにはちょっと不向き・・・

と言う事で、屋根を撤去し日差しを通す素材へと交換することになりました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・・

施工前計画段階では・・・???

築60年の小屋・・・

以前は、豚を飼われるために建てられた小屋だったそうです・・・

しかし、最近葡萄を植えられ成長してきたので

折角なら、綺麗に片づけて葡萄の棚を作りたい!!

でも、スレート屋根では日が当たらず葡萄は育たない・・・

ましてや、板を貼りその上にトタンの波板・・・

その上に、またスレートの波板を貼ってありました・・・

建物も、随分傾いている様子・・・

さて、どのように変身するのでしょうか・・・???

施工前モデルとの提案・・・

先日から始まった「小屋屋根再生計画」の益城の小屋。

どんな風にされたいのか???

と、お話をしていくとあのお店の駐車場がモデルとなりました。

ご存じな方も多いと思いますが、熊本市東区にあります

スウィーツ屋さんの「アントルメ菓樹」さん・・・

毎年、沢山の葡萄が育っているようです・・・

こちらは、カーポートの下に洗濯物干し竿などを使って棚を作ってあります。

さあ、気合が入って参りました・・・

今年はもうすぐ時期が終わりますので

来年に向けて、素晴らしい棚が出来る様に頑張ります!!

施工開始1日目・・・

先日から始まった「葡萄棚小屋屋根再生計画」

益城町の小屋では、まず解体工事からスタート・・・

小屋の中を綺麗に片づけて頂いておりました・・・

まずは、上から順番にスレート屋根から解体します・・・

スレート屋根を解体すると、次はトタン屋根が出てきました・・・

トタン屋根の下には、屋根板が貼ってありました・・・

屋根板と、垂木も全て解体していきます・・・

築60年経過した元豚小屋・・・

そして、地震の影響を受けた益城町・・・

歪みがあって当たり前の状況・・・

しかし、最善を尽くして再生させて頂きます!!

一日目の作業は、解体工事で終了です・・・

施工2日目・・・

小屋屋根再生工事「益城町の小屋」施工2日目。

まずは、母屋のレベル(高さ)を調整するために

木取という角材を、母屋に添えて取付高さを合わせます。

そうすることで、屋根の高さを綺麗に合わせることが出来ます。

それに、屋根下地となる角材(垂木)を固定していきます。

高さが綺麗にそろっています・・・

二日目の作業はここまで・・・

そして、明日は今垂木に直角に波板の下地材を取り付けていきます。

まだまだ、作業前半・・・

気合いを入れて、熱中症にならないように頑張ります!!

施工3日目・・・

小屋屋根再生工事「益城町の小屋」では

施工3日目・・・

先日、屋根下地補強工事を行った上に

波板を取り付ける、下地補強を行います・・・

下地補強をした垂木に直角になるように、波板の下地補強の部材を取り付けます。

そして、いよいよポリカーボネートという強化プラスティック樹脂製の

波板を貼っていきます・・・

丘の上に立地しているので、風当たりが強そうなので

通常の倍、専用ビス(ねじ)で固定していきます。

施工3日目は、片面まで終了・・・

もう一日で完了かな~・・・???

施工4日目・・・最終日・・・

小屋屋根再生工事「益城町の小屋」施工最終日・・・

先日行った片面の波板張りから・・・

逆面の波板と、棟部分の波板も取り付けて屋根工事完了!!

台風の影響を受けにくい様に、端部分は折り曲げて固定します。

そして、側面はこんな感じ・・・

最後に、雨樋を取り付けて完成!!

さあ、来年は葡萄の棚が綺麗に出来ることでしょう!!

楽しみです!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

子供部屋リフォーム工事「熊本市西区の家」

施工例ギャラリー

今回は、子供部屋リフォーム工事の実例紹介です。

お子様が小学校に入学されたタイミングで

子供部屋をどうにかしてあげたい!!

と言う事で相談を受けました。

と同時に、家全体的にきれいにリフォームしたいとの事で

内装のクロスを綺麗に張り替える提案をさせて頂きました。

あまり高額になりすぎないように、使えるものは使い

工期も極力短くて済むように、施工させて頂きました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

ちょっと長文になりますが、最後までお付き合いの程

宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

まず、養生からスタート・・・

まずは、室内の物を外に出し・・・

畳などを剥ぎ取り、外に出します。

そして、材料搬入が始まりました・・・

養生をした上に、綺麗に積み上げていきます。

木材や建材・フロアーやプラスターボードなども搬入されます。

さあいよいよ始まります。

気合いを入れて頑張ります!!

施工2日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

工事が始まりました・・・

まずは、天気を見て屋根工事からスタートです。

以前スレート屋根で増築された屋根が、雨風の際雨漏れするとの事で

スレート屋根の上に、カバー工法でガルバ板金を施工することにしました。

水上部分に水返しを加工し、折り曲げていきます。

こうすることで、水返しが出来ます。

そして、屋根の上で固定していきます。

シッカリと重ね合わせて、固定していきます。

そして、全体的に施工します。

これで、台風の時も安心です!!

施工3日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

室内部の解体工事がスタート・・・

床に敷いてあったカーペットを剥ぎ取り・・・

床に貼ってあったベニヤをはがすと・・・???

何やら、パンチング状の穴の開いた鉄板が出てきました。

その鉄板を取り外し、床組みも解体していきます。

さあ、これから床組み補強工事の開始です。

全部解体撤去して、新たに床組みを作り補強していきます。

床下には束石を据え付け、鋼製束で補強していきます。

大引きという角材を床組みの補強材として使用します。

そして、根太組みをしていきます。

それから、床断熱材を充填していきます。

シルバーに光って見えるのは、断熱材を固定する金物・・・

コレが無いと、断熱材が落ちたり断熱効果が無くなったりします。

断熱材をカットして頂き、充填していきます。

そして、フローリングの下地材となる構造用合板を貼ります。

少しずつ、形が見えてきました・・・

さあ次は、これにフローリングを貼っていきます・・・

施工4日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

窓の取替工事が行われております。

床組み補強工事を終え、次は窓の取替工事・・・

以前の物より、1サイズ小さくして取替を行いました。

今度は、雨戸付きサッシへと交換されました。

窓周りには、サイディングが張られました。

窓周りの防水コーキングは、天気を見て行って頂きます。

雨戸と、網戸も一番最後の工程で行います。

施工5日目・・・

子供部屋リフォーム工事「熊本市西区の家」では

和室だった部屋の畳を剥ぎ取り、フローリングを貼る為の

床補強工事が行われました・・・

まずは、畳を剥ぎ取り床補強からスタートです。

和室との間仕切り壁を作る為、檜の敷居を取り付けます・・・

そして、畳分の床上げを角材を敷き込んで高さを調整していきます。

床に不陸があるため、専用の機械でレベル(高さ)を測量し

パッキンを敷き込みながら床の高さを調整していきます・・・

そして、こちらにもキッチリと床断熱を充填していきます。

そして、フローリングの下地となる構造用合板を貼っていきます。

一枚ずつ、丁寧に貼っていきます・・・

ここまでの写真を見て頂けましたら、分かられると思いますが

構造用合板のジョイント(繋ぎ目)が重ならないように

してあるのが分かられると思います。

そして、次はいよいよフローリングが貼られていきます・・・

まずは、敷居部分からフローリングに接着剤を付け貼っていきます。

フローリングに接着剤を付ける場合も、下地がある場所に接着剤を付けます。

細かい話ですが、こういうところの気配りができる職人さんは本物です。

そして、汚れたり傷つけたりしないように養生を行います。

次は、子供部屋の壁・天井の下地工事に入ります・・・

施工6日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

壁と天井の下地工事が行われました。

ベニヤに接着剤を塗り・・・

以前の化粧合板の上に貼っていきます・・・

これは、以前の化粧合板にはクロスが貼れない為、

下地として固定していきます。

こんな感じで、張っていきます・・・

そして、電気屋さんに電気の配線をお願いしました・・・

ぎりぎりのスペースで、配線を通して頂きます・・・

新しく取り付けたサッシ窓には、窓枠を取り付けます。

窓枠を固定するにも、ちょっとした金具で仕上がりが変わります。

こういった金具を取り付けるのは、手間がかかり面倒な作業ですが

これを丁寧に取り付けていく事が、最後の仕上がりに現れます。

一箇所一箇所丁寧に、取り付けて頂きました・・・

次は、和室と洋室の間仕切り壁の造作です。

施工7日目・・・

子供部屋リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

和室と洋室を仕切るための間仕切り工事を行います。

間柱を建て、壁の下地を作っていきます・・・

そして、出入り口となる片引戸部分を加工して頂きます。

すると、こんな感じになっていきます・・・

段々と、部屋の輪郭が出来つつあります・・・

和室となる部分からも、壁下地を加工して頂きます。

洋室側は、こんな感じです・・・

そして、和室側はこんな感じ・・・

子供部屋となる部分も、綺麗に仕上がりました・・・

さあ次は、最終段階の収納部分の加工工事です。

施工8日目・・・

洗面化粧台取替リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

設備屋さんが、古い洗面化粧台を取り外しに来てくれました。

まず、洗面化粧台のミラー(鏡)部分を取り外します。

そして、下台部分も取り外します・・・

そして、給水給湯排水の配管にキャップを取り付け

クロス張りが終了してから、新しい洗面化粧台が取り付けられます。

完成が、楽しみですね~!!

施工9日目・・・

子供部屋リビングリフォーム工事「熊本市西区の家」では

大工さんの最終段階の工事となりました。

最終工事は、収納部分の工事です。

勝手口として使われていた部分に、フローリングを貼って

クローゼット収納に変更していきます。

こんな感じにフローリングを貼り、壁を造作して・・・

ハンガーパイプを取り付けていきます・・・

そして、内装クロス屋さんの工事も同時進行で始まりました。

こちらはいつものように、下地処理のパテ処理からスタート。

さあ、完成が楽しみです!!

施工10日目・・・

熊本市西区の家では、いよいよ完成に近付きました。

天候の状況を見て、サッシ廻りのコーキングをして頂きました。

まずは、マスキングのテーピングで養生からスタート。

シッカリとプライマー(下地接着剤)を塗り施工して頂きます。

変成シリコーンシーラントで施工して頂きました。

そして、内部では畳屋さんが採寸に来てくれました。

こちらも、光の出るレーザーで寸法を測量していきます。

さあ、完成が楽しみです!!

施工11日目・・・

熊本市西区の家のリフォーム工事も、最終段階。

最後の工事は、窓ガラスにフィルムを貼る工事です。

まずは、窓ガラスを綺麗に清掃します・・・

そして、カッティングシートを貼っていきます。

とても繊細な作業です・・・

そして、畳屋さんが新しい畳を敷き込みに来てくれました。

暑い中、汗を流しながらの作業・・・

高さを調整したり、踏み心地を確かめたり・・・

そして、完成しました!!

和室の畳のいい香りが家中に広がります。

そして洋室・・・

フローリングが明るくて綺麗です!!

そして、念願の子供部屋・・・

それからLDK(リビング・ダイニング・キッチン)

明るく華やかになりました!!

そして、新しくなった洗面化粧台・・・

それに、トイレも綺麗になりました・・・

M様。長い間お世話になり、ありがとうございました。

喜んで頂ければ幸いです。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

台風対策「雨戸取付リフォーム工事」熊本市南区の家

施工例ギャラリー

今回は、台風対策の「雨戸取付リフォーム工事」の

実例紹介です・・・

今回、ちょっと特殊な工事となりました。

と言いますのは、雨戸を取り付けるだけではなく

既設で「アルミ手摺」が取り付けられており

洗濯物や、布団などを干すのに重宝されておられました。

ただ、その手摺が付いたままでは雨戸が取り付けられないため

特殊な施工をすることとなりました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・・

施工は一日で終了します。

施工1日目・・・

台風被害対策工事「雨戸取付リフォーム工事」の

熊本市南区の家では、工事が始まりました。

まずは、既存の手摺を取り外していきます・・・

洗濯物や、布団を干すのに便利なアルミ手摺・・・

しかし、雨戸を取り付ける際に、手摺があると雨戸が取り付けられません・・・

そこで、一旦既存の手摺を取り外し新しい雨戸の枠を取り付けます。

そして、足場が無いところは「作業車」を使い作業します・・・

足場を組み立てるより、金額的・工期的に早い作業車・・・

雨戸の戸袋部分の部材を取り付けていきます。

そして、防水処理・・・

二重三重に、コーキングで防水処理していきます・・・

そして、綺麗にお掃除・・・

そして次に、新しいアルミ手摺を取り付けていきます。

雨戸が動かせるように、長い手摺バーで全体を固定します。

そして、完成した姿がこちら・・・

これで、雨戸も利用でき・・・

手摺で洗濯物や布団なども干せます・・・

施工前の姿はこちら。

そして、施工後の姿がこちら!!

これで、台風対策も完璧です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

玄関ドア取替リフォーム「熊本市西区の家」取替は半日で終了!!

施工例ギャラリー

今回は、玄関ドア取替リフォームの実例紹介です。

35年前の玄関ドアは、ほとんどのお宅でこんな感じでした。

今回は、スタイリッシュで重厚感のある引違の玄関ドアに

取り替えられることになりました。

北東側にある玄関は、少しでも明るくしたいと言う事で

木目の明るい色を選ばれました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

玄関ドアリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

古い玄関ドアから、スタイリッシュな新しい玄関ドアへと

取り替えリフォームが行われました・・・

まずは、古い玄関ドアを撤去していきます。

ドアを外し、欄間鴨居を切断して取り外します。

そして、新しいドア枠材を取り付けます・・・

事前に寸法を測り、特注サイズで工場で組み立てられて搬入されます。

なので、サイズは勿論ぴったり!!

そして、枠材を固定していきます・・・

そして、仮に新しいドアを立てつけて枠材の調整を行います。

今回は、カバー工法というやり方を行います。

現況も枠材の周りに、アルミ製の細かい枠材を使い

元の枠材が見えないように、新しい枠材でカバーしていく方法です。

それでカバー工法という名前になっております・・・

そうして、最後の細かい部分はコーキングという

ゴム系の樹脂で、隙間を埋め仕上げていきます・・・

そして完成!!

以前のものと比べると、重厚感が増しましたね!!

室内側に網戸も付き、この時期風通しするには便利になりました!!

工事は半日で終了!!

是非、お考えの方の参考になれば幸いです・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

ベランダリフォーム工事「熊本市西区の家」FRP防水工事

今回は、ベランダリフォーム工事の実例紹介です。

軒裏天井に、雨シミが出来調査してみると

ベランダの防水が劣化しており、雨漏れしておりました。

そこで、軒裏天井を張り替えるとともに

ベランダ防水工事も、やり替えることとなりました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます・・・

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

先日からお邪魔させて頂いております

ベランダ防水リフォーム工事の「熊本市西区の家」では

ベランダから雨漏れした、軒裏天井の張替作業が行われました。

まずは、水漏れして変色している部分を剥ぎ取ります。

位置から言って、ベランダの排水ドレン付近の様子・・・

結構な量の雨が漏れている様子・・・

軒裏天井にシミが出来ている2枚分を、撤去・・・

そして、原因を調査します・・・

すると・・・?

防水の表面が悪くなっている部分の他にも、こんなところが!?

排水のドレンの曲がり部分(エルボ)に亀裂が入り割れておりました。

そこで急遽、予定はしていなかった部分の取替・・・

配管を調達して、接続し直します・・・

接着剤をシッカリと塗り、接続していきます。

こんな感じで、接続完了!!

シッカリとステンレスバンドで固定して・・・

軒裏天井を、貼っていきます・・・

今回は、躯体が木造ではなく鉄骨造なので

天井下地も、軽鉄の作り・・・

念の為、排水ドレンの真下に「天井点検口」を取り付けました。

万が一に備えます・・・

後は、塗装工事で仕上げて頂きます・・・

そして、いよいよベランダのリフォーム・・・

またご報告させて頂きます!!

施工2日目・・・

先日からお邪魔しております「ベランダリフォーム工事」の

熊本市西区の家では、大工さんの工事が終わり

次は塗装屋さんの工事の出番です・・・

まずは、刷毛で細かい部分を塗装していきます。

ネジ(ビス)で固定したところは、あらかじめパテ処理済・・・

細かい部分と、パテ処理した部分を先に塗り乾燥させます。

そして、大きな面積部分はローラーで仕上げていきます。

少しずつ仕上げていきますが、これも1回では綺麗になりません。

シッカリと、2回塗りで仕上げていきます。

そして、排水パイプ部分も綺麗に仕上げていきます。

既存部分の軒裏天井に、色を合わせて作って頂きましたので

バッチリ仕上がりました!!

最後は、ベランダFRP防水の工事です!!

最後まで、シッカリと頑張ります・・・

施工3日目・・・

ベランダリフォーム工事の「熊本市西区の家」では

ベランダの防水の工事が始まりました。

まずは、既存のベランダ防水を剥ぎ取ります・・・

と言うのも、既存のベランダ防水は「シート防水」タイプ・・・

モルタルの上に、シート状の防水をなされておりました。

まずは、立ち上がり部分を剥ぎ取り・・・

次に、床部分を剥ぎ取っていきます・・・

長年の劣化により、シートに穴が開き水漏れしておりました・・・

接着が取れ、シート防水が浮いている部分もありますが

シッカリ接着している部分は、剥ぎ取るのにも一苦労・・・

結構な量がありました・・・

そして、シート防水の下地に凹凸がある部分を

ホコリが舞わないように、段ボールで養生しながら削っていきます・・・

コレが大変な作業・・・

そして、凹凸の処理を終えたらFRP防水と下地の

モルタルの接着力がます様に、プライマーという接着剤を塗っていきます。

そして、一方では立ち上がり部分のシート防水が浮いている部分を

コーキングで接着していきます・・・

そして、立ち上がり部分にもプライマー(接着剤)を塗っていきます。

サッシ窓の下端や・・・

排水ドレンの周りや・・・

エアコンの室外機部分などを、先に防水していきます。

この白いシートのようなものが、FRP防水の下に敷くガラスマットです。

まずは、立ち上がり部分からガラスマットを敷き込んでいきます。

ガラスマットの上にFRP樹脂を流し込みます・・・

シッカリと、丁寧に作業していただきます・・・

先に乾燥させたい、エアコンの室外機部分も1日目に施工します。

これで1日目の作業は終了・・・

2日目は、床面のガラスマットを敷き込みFRP樹脂を流し込みます。

施工4日目・・・

ベランダリフォーム工事「熊本市西区の家」防水工事2日目・・・

2日目は、床部分にガラスマットを敷き込んでいきます。

初日に流し込んだFRP樹脂は乾いており、エアコンの室外機を

移動させて、床面にFRP樹脂を流し込んでいきます・・・

そして、念入りに排水ドレン部分にコーキングを打った部分も

ガラスマットを綺麗にカットし敷き込んで、FRP樹脂を流し込みます。

丁寧に丁寧に・・・

ガラスマットは、FRP樹脂を流し込むと透明になります・・・

奥のほうから、順序良くFRP樹脂を流し込んでいくと・・・

シッカリとガラスマットとの間の空気をローラーで抜きます。

これで、2日目の作業は終了・・・

1日十分乾燥させて、2日後に仕上げに入ります。

施工5日目・・・

ベランダリフォーム工事「熊本市西区の家」では

最終仕上げの日・・・

まずは、FRP防水の表面の凹凸を研磨します。

電動のサンダーで、全面的に研磨します・・・

そして、前回同様にエアコンの室外機部分を先に塗り乾燥させます。

そして、一人は細かい部分を先に刷毛で仕上げ材を塗っていきます。

少しずつ、硬化剤の固まり具合を計算しながら塗っていきます。

サッシ下端などは、より丁寧に鏡を使いながら塗っていきます。

そしてもう一人は、ローラーで広い面を仕上げていきます。

硬化剤を混ぜ塗装していきますので、あまりゆっくりもできません。

排水ドレンのキャップも綺麗に塗装します。

これで終了!!

綺麗に仕上がりました!!

後は、乾燥すれば出来上がり!!

お世話になりました・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

雨水排水配管リフォーム「玉名市の家」U字溝の側溝を入れるより、効果的な配管工事

施工例ギャラリー

今回は、雨水排水配管リフォーム工事の実例紹介です。

外構リフォーム工事の一環ですが、今回の場合は

山の中腹に立つ立地の中で、山水が敷地に流れ込んで

しまうという事で、建物に影響があるのでは???

と心配なされておられました。

そこで、U字溝を取り付けるには距離が長すぎて

費用も膨大になってします・・・

と言う事で、集水桝を設置し水勾配で

排水する施工を選択し提案させて頂きました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

雨水排水配管リフォーム工事「玉名市の家」では

山水が敷地に侵入して、心配なされておりました。

丘の中腹に立つお宅では、山からの雨水で敷地に

雨水がたまり、家に影響するのでは???

と、心配なされておりました。

そこで自分たちで側溝を埋めて、溜まる水を

バケツでくみ取られておりました。

U字溝の側溝を造作するには距離が長すぎて金額が掛かりすぎる。

そこで、雨水排水配管工事を行うことになりました。

集水する桝を設置する穴を掘り、2か所集水桝を据え付けます。

その桝には、地面から水が桝に流れ込むように

3㎜の穴を、40か所×4面開けます・・・

そして、途中の配管にも上と下になる部分を避け

パイプからも水が流れ込むように穴を開けます。

桝と配管の開口部分は、ゴムパッキンで防水します。

そして、湧き出てくる水を何度かくみ出しながら

集水桝と配管を設置します・・・

この時、配管や集水桝の周りには泥が侵入しないように

5~13㎜の砕石を敷き込みます・・・

先程の集水桝の穴を3㎜にしたのは、砕石が穴につまらない様に

穴を開けたわけです・・・

配管と集水桝の勾配は100分の1の勾配を取りました。

レベルという高低差を測量する機械を使いミリ単位の仕事をします。

そして、水が侵入してきました・・・

コレが、集水桝に溜まり配管を通り排水されていきます。

そして、配管周りに5~13㎜の砕石を敷き込んでいきます。

運ばれてきた砕石は2tダンプに2台分・・・

大量に運ばれてきました・・・

まずは、建物の周りが低くなっているのを整地し・・・

砕石を敷き込んでいきます・・・

一日目の作業はこれで終了・・・

明日、砕石を前面に敷き込み整地していきます。

施工2日目・・・

雨水排水配管リフォーム工事「玉名市の家」では

配管作業が終了し、2日目は砕石の敷き込み作業・・・

大量に運ばれてきた砕石を、敷き込んでいきます。

まずは、配管周りにシッカリと敷き込み・・・

建物の周りに、敷き込んでいきます。

約10㎝の厚みで敷き込んでいきます。

集水桝の上には、雨水が上からも侵入できるように

穴開きの蓋を取り付けました・・・

そして、全体的に敷き込んだら砂利の粉を洗い流します。

そして、予備の砕石を家の隅っこに置いておきました。

万が一地盤が沈んで来たら、砕石を充填できるように・・・

全体的に砕石を敷き込み、湿気も上がってきにくくなりました。

あんなにあった砕石も、この通り・・・

スッキリと無くなりました。

もうこれで、雨が降っても大丈夫です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」ドックラン目隠しフェンス工事

施工例ギャラリー

今回は、外構リフォーム工事の実例紹介です。

外構と言っても、今回は「ドックラン」の工事・・・

ワンちゃんが自由に駆け回れるように、広い空間で

遊べるような木製の目隠しフェンスのような感じで

リフォームさせて頂く事になりました。

それでは、いつものようにブログ形式でご紹介させて頂きます。

それでは、どうぞ・・・

施工1日目・・・

外構リフォーム工事「熊本市西区の家」では

木製のフェンスの取付のリフォーム工事です。

全部木製で施工すると、腐れたり白蟻の被害にあったりする為

アルミ製の柱を立て、腐らないように施工が行われます

まずは、柱を建てる為の穴掘り作業から開始です・・・

柱を立てる位置を決め、穴掘り作業・・・

1本1本手作業で、穴を掘ります。

そして、アルミ製の柱を採寸しカットしていきます。

こんな長い、柱材を寸法に合わせカット・・・

そして、高さを測る機械を据え付けて・・・

柱を立てていきます。

水平垂直を、1本1本丁寧に測り

コンクリートを流し込み・・・

柱を固定していきます・・・

シッカリと付き固めながらの作業・・・

こんな感じに、基礎を固めていきます・・・

そして、勝手口の門扉部分も柱を固定・・・

基準の柱を決め、糸を貼り施工していきます。

後は、コンクリートの固まるのを待って

上にコンクリートを増し打ちしていきます・・・

次回もお楽しみに!!

施工2日目・・・

外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」では

先日に引き続きアルミ製の柱を立てる為の穴掘りからスタート!!

地盤が固い為、斫り機を使いながらの作業・・・

そして、前回コンクリートを流し込んだ部分に

コンクリートを増し打ちして、固めていきます。

そして、基準となる建物際の柱を先に立て

中間の柱の穴を掘り、アルミの柱を立てコンクリートを流し込みます。

そして前回アルミの柱を立てた部分に、勝手口門扉を取り付け・・・

開閉もバッチリ・完璧です!!

後1日でアルミ工事の完成となります。

完成が楽しみです!!

施工3日目・・・

外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」では

アルミ工事の3日目・・・

先日までに建てたアルミの柱のコンクリートが

少しずつ固まって参りました。

今日は、もう1箇所の勝手口門扉の取付です。

丁寧に取り付けられていきます。

いい感じに取り付けられました。

そして、最終調整・・・

バッチリいい感じです!!

後2~3日コンクリートの固まるのを待ちます。

そして、木製のフェンスが取り付けられます。

完成が楽しみです!!

施工4日目・・・

外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」では

木製フェンスの材料が搬入されました。

ユニック車と言う、クレーンのようなものが付いたトラック・・・

狭い隙間を絶妙のテクニックで、荷下ろしして頂きました。

結構な量があります。

しかも、今回はKD材(乾燥材)をお願いしましたので

シッカリと、シートで養生しておきました。

さて、完成が楽しみです!!

施工5日目・・・

外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」では

いよいよ大工さんの工事が始まりました。

まずは、下地補強材を寸法通りにカットしていきます。

そして、下地補強材を固定していきます。

少しずつ、形になってきました・・・

細かい部分も、丁寧に作業して頂いております。

そして、フェンスとなる材料をカットし間配りしていきます。

カットするだけで午前中一杯掛かりました・・・

そして、貼り始めていきます。

いい感じになって参りました・・・

勝手口付近も、くぐり戸風にになりカッコイイ!!

素晴らしい出来栄え!!

ワンちゃんのドックラン・・・

ワンちゃん喜ぶかなぁ~・・・???

次は、塗装工事です!!

施工6日目・・・

ドックラン外構リフォーム工事「熊本市西区の家2」では

大工さんの工事が終了し、次は塗装工事です・・・

今回は、キシラデコールと言う「防虫・防腐剤」が入った

塗料を使う為、入念に混ぜ合わせてもらっております。

そして、いよいよ塗装工事スタート!!

少しずつ丁寧に作業して頂いております。

なかなかいい感じになって参りました。

細かい部分も、こんな格好になりながらの作業・・・

狭くて細かい部分も、丁寧に・・・

1回目の塗装完了!!

そして、2回目の塗装開始!!

納得いくまで、シッカリ作業してくれます。

やはり、2回塗ると仕上がりが全然違います!!

う~ん!大満足!!

勝手口のくぐり戸風の部分も、いい感じです!!

裏側も、勿論2回塗りしましたので綺麗!!

さて、ワンちゃんが喜んでくれれば嬉しいのですが!!

裏口の勝手口も完璧!!

これでドックランの完成です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

床下白蟻予防工事「熊本市西区の家1」床下調査無料点検

施工例ギャラリー

今回は、床下白蟻予防工事の実例紹介です。

現在では、5年間の白蟻薬剤の保証がついている為

5年ごとの施工が一般的ですが、以前は10年の

保証期間がついておりました。

しかし、最近では建物の気密状態も向上し

室内で生活する人間や、ペットの生活に影響する場合があり

白蟻予防の薬剤を以前に比べ薄めて使用するようになりました。

そこで、白蟻の保証期間が半分の5年となり

施工金額も、おのずと半額になったわけです・・・

施工させて頂きましたお宅には、5年の保証期間が切れる前に

連絡させて頂き、床下調査をさせて頂くようにしております。

定期的な点検も、メンテナンスの一部です・・・

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

それではどうぞ・・・

昨年の工事のご紹介ですが

熊本市西区の家では、床下白蟻予防工事が行われました。

床下収納庫から出入りさせて頂く為

まずは、養生作業からスタートです・・・

丁寧に、シートで養生していきます。

玄関ホール部分も、シッカリ養生します。

そして、いよいよ床下に潜り作業開始されます。

シッカリと、隅々まで薬剤を散布して

5年間の保証が付く工事を行います。

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

外構リフォーム工事「熊本市南区の家」スロープ造作工事

施工例ギャラリー

今回は、外構リフォーム工事の実例紹介です。

道路より少し上がった宅地に建てられたお宅・・・

階段で3~4段上がり玄関に到達する形状で

将来の事を考え、スロープで出入り出来る様にとの

ご相談でした。

しかし、建物の周りには給水管や排水管などの

障害物も多く、思ったようにスロープが取れない現実・・・

そこで、最善を尽くす提案で、施工させて頂きました。

いつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

施工1日目・・・

先日からお邪魔しております、外構リフォームの

熊本市南区の家では、スロープ造作リフォーム工事が

行われました。

まずは、元々の形からご紹介・・・

こんな感じの、空間でした・・・

障害物は色々とあるものの、工夫次第では出来そうな雰囲気・・・

まずは、障害物を解体撤去していきます・・・

土の表面に、雑草防止の薄手の地盤を固める簡易セメントを解体し

出入り口となる部分のコンクリートブロックを解体・・・

すると、何やら色々出てくる・・・

配管は破れてるし、浄化槽らしきものや給水管に排水管・・・

浄化槽らしきものを解体し、配水管の破れているところを交換

こんなに破れたままにしておくなんて・・・

そして、スロープの勾配に合わせて泥を鋤取ります。

少しずつではありますが、形になって参りました・・・

1日目はこんな感じ・・・

また次回をお楽しみに!!

施工2日目・・・

先日から引き続きお邪魔させて頂いております

外構リフォーム工事「熊本市南区の家」では

スロープの形が出来、いよいよ鉄筋を配筋して

コンクリートを流し込んでいく作業です。

まずは、砕石を敷き込んでいきます。

そして、スロープでない部分の「土留め」ブロックを組積します。

ココにもコンクリートを流し込む予定ですので

水がブロックの目地部分から抜ける様に、隙間を開けておきます。

そして、鉄筋を配筋していきます・・・

これは、コンクリートが割れにくい様にするためで

そして、全体の勾配も一緒に測れます・・・

そして、コンクリートが打ち終わったのは夕方17:00・・・

出入り口部分のスロープも・・・

綺麗に仕上げて頂きました・・・

最後は暗くなってしまいましたが

次回乾燥していくのを見るのが楽しみです・・・

外構リフォーム工事「熊本市南区の家」

スロープ工事施工3日目・・・

最終仕上げ工事です。

少しずつ乾燥してきました・・・

玄関から、少しずつ三次元に勾配を付けて

最終的には、右側へ下りる勾配のスロープ・・・

急な角度になると使いにくいし、緩やかすぎると距離が足りない。

絶妙な難しい勾配です・・・

2~3日すると乾燥して利用できるようになります。

さて、喜んで頂けるでしょうか?

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

ベランダ防水リフォーム工事「熊本市東区の家」

施工例ギャラリー

今回は、ベランダ防水リフォーム工事の実例紹介です。

熊本地震の影響を受け、ベランダの防水層にひび割れが生じ

雨漏れしていたようです。

そこで、下地から補強して防水をやり直す提案となりました。

それではいつものようにブログ形式で、ご紹介させて頂きます。

施工1日目・・・

「ベランダ防水リフォーム工事」熊本市東区の家では

まずは、大工さんの工事からスタートです。

実は、見えにくいのですがおそらく地震の影響で

ベランダのFRP防水が割れ、漏水しておりました。

そこで、下地部分からやり直す提案をさせて頂きました。

FRP防水が浮いていたので、想定はしておりましたが

やはり、下地のベニヤが腐れておりました・・・

そこで、大き目にカットして下地から作り直すことに・・・

丁寧な施工で、何重にも下地材が張ってありました。

幸い下の部分までは、腐れは進行しておりませんでした。

そこで、下地の補強を施工して・・・

もう一枚上に重ね張りして、補強していきます。

シッカリ採寸して、カットしていきます・・・

そして、下地から補強して行きます。

そして、排水ドレン回りは綺麗に丸くカット・・・

完璧です!!

ここに、コーキングを入れてFRP樹脂を流し込んで頂きます。

それから、立ち上がり部分も下地補強して

施工して頂きます・・・

全体的に、施工したらこんな感じ・・・

いい感じになりました・・・

次は、FRP防水の施工です・・・

結構、凹凸があり細かい作業になりますが

バッチリ出来る様に、段取りしたいと思います・・・

次回もお楽しみに!!

施工2日目・・・

先日からお邪魔しております「ベランダ防水リフォーム」工事の

熊本市東区の家では、大工さんの工事が終わり

防水工事へと、バトンタッチされました。

まずは、下地処理からスタートです・・・

排水ドレーンの周りを、滑らかに削ったり

入り済み部分に、三角の「面木(めんぎ)」を取り付けたり

そして、コーキング処理などを行います。

「面木(「めんぎ)」は、FRP防水が割れにくい様に入隅を

滑らかにするように、取り付けていきます。

それから、プライマーと呼ばれる「接着剤」を塗ります。

そして、ガラスマットを敷き込んでいきます・・・

丁寧に、一枚一枚敷き込んでいきます。

床面の部分から、立ち上がりの部分まで・・・

ガラスマットを、丁寧に敷き込んで頂きました・・・

そしてこちらでは、樹脂液の準備が進みます。

硬化剤を入れ、念入りに混ぜていきます。

そして、樹脂液を流し込みながら・・・

ローラーで、空気を抜いていきます・・・

少しずつ、丁寧な作業をして頂いております・・・

全体的に樹脂液を塗ると、透明になります・・・

シッカリと段差部分や、入隅部分などにも流し込みます。

バッチリ施工されました・・・

この状態で、1時間から1時間30分ほど硬化させます・・・

そして、板金回りなどにはコーキングで防水して

立ち上がり部分の入隅にも、防水します。

そして、最終仕上げの「上塗り防水仕上げ」塗装・・・

細かい部分は、ローラーと刷毛を使い分けて施工します。

いい感じに仕上がりました・・・

全体的に、綺麗に仕上がりました・・・

排水ドレーン周りも、バッチリ!!

最後に、ドレン回りにキャップを取り付け完了!!

これで、もう安心です!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

ベランダから雨漏り!?ベランダ防水リフォーム工事「熊本市南区の家」

施工例ギャラリー

今回は、ベランダから雨漏れするとのご相談を受け

早速現地調査でお伺いさせて頂きました。

そうすると、ベランダがコンクリートで施工されており

地震等の影響で、コンクリートにひび割れが発生し

その割れから雨水が侵入し、雨漏れになっているようでした。

そこで、コンクリートの防水ではなく、船底などで利用されている

「FRP樹脂製」の防水工事を提案させて頂きました。

それではいつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

最後まで、お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

それではどうぞ・・・

施工1日目・・・

先日からお邪魔しております

「ベランダ防水リフォーム工事」熊本市南区の家では

ベランダ防水の、やり替えが行われております。

今回のベランダは、コンクリートのベランダです・・・

まずは、コンクリートの研磨を行います・・・

物凄いホコリの中、懸命に研磨して頂いております。

その間、もう一方ではガラスマットのカット・・・

寸法に合わせて、キッチリカットしていきます・・・

そして、研磨が終わり綺麗に清掃してプライマー(下地接着剤)を

シッカリと、たっぷりと塗っていきます。

少しずつ丁寧に塗っていきます・・・

そして、コンクリートに亀裂が入っている場所には

コーキングにて、下地の割れ部分からの雨水の侵入を防ぎます。

そしてまず、エアコンの室外機部分から先にガラスマットを敷き込み

防水の樹脂液を流し込み・・・

ローラーでガラスマット内の空気を抜くように流し込んでいきます。

そして、サッシ周りの重要な部分はより丁寧に施工していきます。

ここでもたっぷりと樹脂液を塗り、

ローラーで空気を抜いていきます。

そして、全体にガラスマットを敷き込み、室外機部分の乾燥を待ち

乾燥したら、室外機をずらして置き直し全体的に施工していきます。

そうすると、こんな感じ・・・

この状態で1日乾燥させます・・・

本日が仕上げとなります。

施工2日目・・・

先日に引き続き「ベランダ防水リフォーム工事」の

熊本市南区の家では、防水の仕上げ工事が行われました。

まずは、乾燥具合をチェック・・・

そして、凹凸部分を研磨していきます・・・

そして、防水の怪しい部分に「コーキング」を打っていきます。

立ち上がり部分や、水切り板金部分にも・・・

以前施主様が施工された、余計なコーキングを取り除きます。

そして、防水の立ち上がり部分や水切り板金の下端・・・

上端にも、念の為コーキング処理を行います・・・

こんな感じに、防水していきます。

そして、板金の入隅部分や排水ドレン回りにもコーキングを施工・・・

そして、最後の仕上げの防水を行います・・・

細かい部分には、拡大ミラーを使いながらの施工・・・

そうすると、こんなにきれいに仕上がりました・・・

これでもう安心ですね・・・?

S様、お世話になりました・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

ベランダテラス屋根張替リフォーム「熊本市南区の家」

施工例ギャラリー

今回は、ベランダにあるテラス屋根の

張替リフォームの実例紹介です。

以前、台風で飛ばされたため屋根の波板が

無い状態で、雨の日は困られておられました。

そんなお宅、たまに見かけます・・・

そんなお宅の参考になれば幸いです。

それではいつものように、ブログ形式で

ご紹介させて頂きます・・・

先日お邪魔して参りましたお宅では

台風の影響で、ベランダのテラス屋根板が飛ばされ

張り替えを行いました。

綺麗に飛ばされていた為、撤去作業は無し・・・

早速、張り始めます・・・

風を受けやすいとの事で、通常20cmの間隔で固定するところを

15cm間隔で、固定することとしました・・・

西側からの風が強いため、東側から貼り始め

西側の波板を余計に重ねて施工していきます・・・

重なり部分が、左側(西側)が多いのが分かります。

これを間違って、西側から貼り始めると東側に

重なりが多い部分が出来

風の抵抗面積が多くなり、風を受けやすくなります。

台風で飛んでいるところは、ほとんど西側から貼り始めてある

波板が多いようです。

これで安心!!ですね・・・?

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

外構リフォーム工事「熊本市南区の家」外構フェンス修理工事

施工例ギャラリー

今回ご紹介させて頂きますのは

台風や地震の影響で、外構のフェンスが壊れてしまい

フェンスがぐらぐらしている状態で、悩んでおられました。

全部解体撤去してやり替えるのは簡単なのですが

お金がかかりすぎてします・・・

そこで、補強しながら修理する方法はないのか???

と、悩まれておられたそうです。

そこで、今回は高額の費用を掛けずに

修理する方法を、ご紹介させて頂きたいと思います。

それでは、いつものようにブログ形式で

ご紹介させて頂きます・・・

施工1日目・・・

先日から始まりました「外構リフォーム」熊本市南区の家では

台風や地震の影響で、外構のフェンスが傷んでいたため

補強工事を行いました・・・

フェンスのジョイント部分で、への字型に曲がっている部分の

樹脂製の金具が劣化しており、ぐらつきが出ていたため

への字型の金具で、補強していきます。

上下とも、金具で補強しぐらつきが解消されました・・・

そして、直線部分のフェンスのジョイント部分も金具で補強。

両面から固定することで、シッカリとジョイント補強されました。

そして、フェンスの柱部分の根元がゆがんでおり

ぐらつきを解消するため、L型のアングル金物で

シッカリと固定しました・・・

一部、柱が根元から折れている部分もあり

その部分は、コンクリートブロックと柱を金物で固定し

補強させて頂きました・・・

また、柱とフェンスもぐらつきがあったので

L型の補強金物で、シッカリと固定させて頂きました・・・

これで安心ですね・・・

全部取り替えるとなると、結構な費用が掛かるのですが

補強工事で行えば、1/4以下の費用で済みます・・・

ご検討中のお宅の参考になれば幸いです・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

屋根瓦葺き替えリフォーム工事「熊本市東区の家」

今回は、屋根瓦葺き替えリフォームの実例紹介です。

元々、趣味の作業場として建てられた小屋の屋根が

波板のスレート瓦だったので、台風の度に「冷や冷や」

されていたそうです・・・

そこで、今回は通常住宅にも使う

コロニアル瓦への、葺き替えを提案させて頂きました。

いつものように、ブログ形式でご紹介させて頂きます。

ちょっと長文にはなりますが、最後までお付き合いの程

宜しくお願い申し上げます。

施工1日目・・・

先日から始まりました「屋根葺き替えリフォーム」

熊本市東区の家では、まずは養生からスタート・・・

屋根から、物が落ちてこないようにシートで養生します。

そして、いよいよスレート屋根を撤去していきます。

まずは、長い傘釘を抜いていきます・・・

意外と簡単に抜けました・・・

しかし、数の多いこと・・・

スレートの山部分に、全部打ってあります!?

慎重に、撤去していきます・・・

全部撤去すると、さっぱりした感じ・・・

そして、いよいよ屋根下地の補強をしていきます・・・

角材を補強していき、屋根下地を作っていきます。

こんな感じで、補強していきます・・・

下地の「母屋」の距離が遠いため、間にも補強して頂きました。

こんな感じに、補強して頂きます・・・

いい感じになってきました。

そして、破風板の取付・・・

破風板(はふいた)とは、屋根と壁の見切り部材で

雨水が壁に「ダラダラ」と流れ無い様に、水を切ってくれる

大事な部材です・・・

そしていよいよ、屋根下地の「構造用合板」を貼っていきます。

下地の垂木(たるき)の間隔も、少し狭目の300mmピッチに

して頂き、最終仕上げの確認・・・

大工さんの工事が終われば、屋根屋さんとバトンタッチ・・・

防水フェルトをシッカリ張っていただきました・・・

今日が、雨の予報でしたので念の為「シート」も

貼っていただきました・・・

さあ、天気が回復すればいよいよ屋根工事です。

次回もお楽しみに!!

施工2日目・・・

屋根瓦葺き替えリフォーム「熊本市東区の家」では

屋根瓦の葺き替えが始まりました。

まずは、ケラバと言われる、端っこの袖部分に板金を取り付けます。

この板金が基準となり、施工がスタートします。

屋根屋さんが、器用に板金ばさみでカットし加工していきます。

板金のジョイントは、水下(みずしも)から先に取り付け

念の為コーキングを塗り・・・

板金を重ねて取り付けて、かしめていきます。

こんな感じです・・・

そして、通称タワーと呼ばれる「昇降機」を組み立て

屋根瓦の材料を、荷揚げしていきます。

そして、屋根に間配りしていきます。

そして、いよいよ屋根瓦の施工が始まります・・・

水下(みずしも)から、水上(みずかみ)へと固定していきます。

いい感じですね~・・・?

コレが、瓦をカットする道具・・・

あっと言う間に、貼りあがります・・・

一番上の部分は、その寸法に合わせてカットして

固定する為の穴を開けて、釘で固定していきます。

この穴も、この道具で開口します。

そして、最後の棟部分は「貫板(ぬきいた)」を取り付け

これに、板金を固定していきます。

この棟板金も、細かい加工が必要です・・・

雨水が侵入しないように、横部分から釘を固定していきます。

細かい作業ですが、ここが一番大事なところ・・・

最後に、板金をシッカリ固定して・・・

固定した部分の「釘頭}も、シッカリ防水します。

釘頭に、コーキングを打っていきます。

これで完成!!

作業日数2日間で、工事完了・・・

これで地震も、台風も大丈夫です。

M様、お世話になりありがとうございました。

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

台風災害復旧工事「熊本市北区の家」車庫屋根波板張替工事

施工例ギャラリー

おはようございます。

今日も素晴らしい一日になります様に・・・

先日台風10号の影響で、カーポート車庫屋根の

波板が飛んでしまった為、張替でお邪魔いたしました。

風当たりが良い場所と、そうでも無い場所がある様です。

今回お邪魔させて頂きましたお宅では

隣に建っていたお宅が、地震の影響で解体され更地の状態・・・

風のあたりも強くなり、固定されていたネジまでどこかに飛んだようです。

そして、アルミ部材も多少変形しておりました・・・

一旦全部撤去し、雨樋部分などをお掃除・・・

綺麗にお掃除して、早速工事開始・・・

取付金具のフックのピッチを、以前の20cmから

15cmピッチに狭くして、補強していきます。

こうすることで、補強にもなります・・・

もうすぐ半分・・・

補強金具のピッチが狭いため、結構な数になりました・・・

これで完璧です!!

もう、台風では心配ないでしょう・・・

施工は、車庫1台分であれば、半日(約3時間程度)で完了します。

屋根板が飛ばされたお宅の参考になれば幸いです。

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

窓ガラス割れ交換「台風災害復旧工事」熊本市南区の家

施工例ギャラリー

おはようございます。

今日も、素晴らしい一日になります様に・・・

台風の影響で窓ガラスが割れたお宅の

窓ガラスの取替リフォームです。

サッシを外し、一旦ビニールで養生していただきました。

そして、養生ビニールを剥ぎ取り・・・

サッシを取り付けます・・・

地震の影響もあるのか?

サッシ枠がゆがみ、なかなか入りません・・・

どうにか調整しながら、取付完了!!

今回は、ガラスがもう割れないようにと

ガラスではなく、アルミ複合板をガラスの代わりに

はめ込んでいただきました。

これで、台風の心配ありません・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!

カーポート車庫波板屋根張替工事「台風災害復旧工事」宇土市の家

施工例ギャラリー

おはようございます。

今日も、素晴らしい一日になります様に・・・

先日、台風が吹いた時に

被害に遭われましたお宅の、災害復旧工事にお邪魔しました。

結構長時間風が吹いたので、結構やられておりました。

また、サイドパネル部分も風が良く当たる場所です。

そこで、一旦全部足り外して新しく張り替えます。

幸いにして、骨組み部分は被害が少なく無事のようでした。

雨樋の中など、綺麗に掃除してから作業スタートです・・・

先ずは、1枚張ってみます・・・

風当たりが強い場所なので、フックの留め間隔を

通常の20cm間隔から、15cmに狭めて留めていきます。

勿論留めて固定していくのも、ポリカーボネート製の金具。

まずは、片面が終了・・・

2台分の車庫なので、結構な広さ・・・

しかし、張り上がると綺麗ですね・・・?

そして、サイドパネルもこんなに綺麗に・・・

良い感じに仕上がりました・・・

今回は、お庭や畑に日が当たるようにと言う事で

屋根板は、明るめの薄い茶色で施工させていただき

サイドパネルは、目隠しともなるようにフロストタイプの

濃い茶色で施工させて頂きました・・・

これで、台風も怖くありませんね・・・?

台風による被害は、火災保険の特約で「風水害保険特約」

という保険が一般的についており、

その保険で工事代を賄える事があります。

隣近所に被害がないからとか、年数が経っていて

保険が出るか心配?

と、思われます方も多いかも知れませんが、

立地条件や風の吹き方は

何処一つ同じ場所はありません。

ほとんどのケースで保険対象となる場合が

多いと思われます。

先ずは、ご相談くださいませ・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

ベランダ屋根張替工事「台風災害復旧工事」熊本市東区の家

施工例ギャラリー

おはようございます。

今日も素晴らしい一日になります様に・・・

先日、台風災害に合われたお宅の復旧工事にお邪魔して参りました。

今回は、2階のベランダ上にある「テラス屋根」の波板が

先日の台風で飛ばされてしまった為、張替のご依頼でした。

屋根の上にまだ屋根板が残っている危険な状態・・・

結構な面積で、飛ばされておりました・・・

そこで、一旦全部波板を撤去していきます・・・

最近近くに新築住宅が建ち並び、少し風の当たり方が変わった様で

久しぶりに被害を受けられたとの事でした・・・

今回は、ポリカーボネート波板へと張替をさせて頂くのですが

下地の骨組みが「木製」な為、専用のビス(ねじ)で

固定していきます。

以前は、こんな「釘」で固定してありましたが

現在は、より強く設計された「ビス(ねじ)」で施工します。

そして、雨切板金部分もシッカリと固定します。

それに、一番飛ばされやすい端っこ部分は・・・

折り曲げて、返しを作り「ビス(ねじ)」で固定します。

これで、一安心・・・

「ビス(ねじ)」を固定する間隔も、

以前は20cm間隔だったのですが

今回は15cm間隔へと変更させて頂きました・・・

高所での作業でしたが、無事怪我・事故もなく終了しました。

この時期雨が多くなってしまいますので、復旧がまだのお宅の

参考にして頂けましたら幸いです・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

テラス屋根張替「台風災害復旧工事」熊本市北区の家

施工例ギャラリー

おはようございます。

今日も素晴らしい一日になります様に・・・

先日、台風で被害に遭われましたお宅にお邪魔して参りました。

結構、台風10号の被害に遭われたお宅が多い様です。

しかし、なかなか依頼出来る会社が少ない様で、最近になって

ホームページからなど、SNSなどを使い

お問い合わせを頂いております。

今回は、熊本市北区の家・・・

半分以上の波板が剥がれて、飛ばされております・・・

そして、今にも落ちてきそうな波板がまだかろうじて乗っています。

そこで、まずは全部一旦取り外してしまいます・・・

すると、端の方には雨樋が貫通してあります。

ココは、外れなかったみたいです・・・

そして、プラスティックフックが取り付けてあった部分には

フックが割れ、溝に入っていたり・・・

雨樋部分には、火山灰なのか?コケなのか???

沢山、汚れが溜まっておりました・・・

そこで、新しいポリカーボネート波板を張ってからではできない

雨樋の掃除を綺麗に行います・・・

これで、新しいポリカーボネート波板を

張り替える準備が出来ました。

そして、新しいポリカーボネート波板を張っていきます・・・

う~ん!!美しい!!

雨樋の周りも、綺麗に防水して・・・

綺麗に張替が出来ました!!

そして、いつもの事ですが固定フックも、

ポリカーボネート製のものを使い

固定する間隔も、以前の20cm間隔だったものを15cmにして

シッカリと補強を行わせて頂きました。

これでもう安心です!!

台風被害を受けられて、まだ補修ができてないお宅の参考に

して頂けましたら幸いです・・・

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!

どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。強引な営業、しつこい営業は一切行いません。