内装だけリフォーム

後付雨戸取付。台風対策「熊本市西区の家」

DSC00489

今回は、台風対策として「後付雨戸」の取付の実例紹介です。

大きな掃出し窓は、台風が来るたび「ドキドキ」する程

ガラスが内側に大きくたわみ、今にもガラスが割れそうになり

怖い思いをされておられたそうです。

そこで、後付で取付けられる雨戸を取付ける事になりました。

取付は、1日で終了します。

では、いつもの様にブログ形式でご紹介させて頂きます。

先日行われた、台風対策「熊本市西区の家」では

後付雨戸の取付が行われました・・・

まずは、加工された部材で下地を作って行きます・・・

築35年を超える建物では、「内付(うちづけ)サッシ」と言うタイプの物が多く

外壁のモルタル面より、サッシが内側に付いている為

壁面と同じ所まで、下地をふかす(出っ張らせる)必要があります。

下地の工事が出来たら、雨戸の枠を取付けて行きます・・・

雨戸の戸袋の寸法を確認しながら、作業を進めます・・・

大きな窓ですので、3人がかりで調整して行きます。

そして、慎重に枠を固定して行きます・・・

全体的にビス(ネジ)で、固定をして行きます・・・

それから、一旦雨戸を建て込んでみて、調整します。

これで完成・・・

これで今年の台風は、問題ありません・・・

綺麗に取付できました!!

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!
どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。強引な営業、しつこい営業は一切行いません。